彼女が好きなものはホモであって僕ではない

ドラマ化作品|コミカライズ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

kakuyomu 作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月21日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784040725130

ドラマ化作品|コミカライズ化作品

彼女が好きなものはホモであって僕ではない

  • 著者 浅原 ナオト
  • 装画 新井 陽次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月21日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784040725130

繋がれない僕らは、それでも、あたりまえの幸せを手に入れたい。

同性愛者であることを隠して日々を過ごす男子高校生・安藤純は、同級生の女子・三浦紗枝がいわゆる腐女子であることを知り、彼女と急接近する。しかし、純にはネットで知り合った中年男性のパートナーがいて……。そんな交わらないふたりを応援する友、反発を覚える者……様々な立場の人たちに囲まれた日々の中でふたりが導き出した「最適解」とは?

異性を愛し、子を成し、家庭を築きたい。普通の幸せを手に入れたい……世間の「ふつう」と、自分の本当にほしいものの絶望的なギャップに対峙する若者たちの姿を描く、究極の青春小説。

 

おすすめコメント

「ダ・ヴィンチ ニュース」レビュー

欲しいのは「あたりまえの幸せ」―― 『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』が描く青春小説の最前線
https://ddnavi.com/review/438091/a/

タイトルについて:「カクヨム」著者近況ノートより

『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』発売に際して、著者より
https://kakuyomu.jp/users/Mark_UN/news/1177354054885229054

メディアミックス情報

NEWS

オーディオブック配信中!

アマゾンAudible(オーディブル)他にてオーディオブックを配信中。
ナレーション:本多 諒太

コミカライズ連載開始!

「COMIC BRIDGE Online」にてコミカライズ連載がスタートしました。

「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 〝僕は、全てが欲しい。男に抱かれて悦びたい。女を抱いて子を生したい。誰かの息子として甘えたい。自分の子供を甘やかしたい(純)〟純×三浦♡ 同性愛者であることを隠す少年と腐女子の少女が織り成す物語。なん 〝僕は、全てが欲しい。男に抱かれて悦びたい。女を抱いて子を生したい。誰かの息子として甘えたい。自分の子供を甘やかしたい(純)〟純×三浦♡ 同性愛者であることを隠す少年と腐女子の少女が織り成す物語。なんとゆーか、もういっぱいいっぱい。スラスラ読めるところもあれば、いきなりガツンと頭を殴られたようにページを捲るのが遅くなり、さらには純や三浦、登場人物たちの気持ちが痛いくらいに伝わってきて大洪水。帯にある通り、ストーリーに〝圧倒〟された。こんなに苦しく、切ないのに愛しいと思えてしまう。いろんな方に読んで欲しい。 …続きを読む
    禍腐渦狂紳士タッキー(オルチーナ・ドミトレスク腐人)
    2018年03月11日
    196人がナイス!しています
  • NHKで放送された『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』の原作本。ドラマの方を先に見たが改めて本作を読むと、ドラマが原作に沿って忠実に丁寧に描かれていた事に感動する。中年男性のパートナーがいる同性愛 NHKで放送された『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』の原作本。ドラマの方を先に見たが改めて本作を読むと、ドラマが原作に沿って忠実に丁寧に描かれていた事に感動する。中年男性のパートナーがいる同性愛者の男子高校生・安藤純が主人公。男性を愛する純だが異性を愛し、子を成し、家庭を築きたい気持ちもある。読みながら「普通」の意味をずっと考えさせられる。100%同じ人間なんて存在しないし、他人から見れば些細な事でも当人にとっては凄く大きな問題だったりする。自分と異なる「普通」だってそれを受け入れる自分で有りたい。 …続きを読む
    よつば
    2019年10月05日
    106人がナイス!しています
  • ポップな表紙もキャッチーなタイトルでも覆い隠せないヘビーで真摯な小説。ぼくは高校生。そしてホモだ。既婚の恋人に会いに行く途中、同級生の三浦さんがBL本を買うのを目撃する。\普通に\結婚して子を成し、母 ポップな表紙もキャッチーなタイトルでも覆い隠せないヘビーで真摯な小説。ぼくは高校生。そしてホモだ。既婚の恋人に会いに行く途中、同級生の三浦さんがBL本を買うのを目撃する。\普通に\結婚して子を成し、母を安心させたい。\普通の\家族が欲しい。自分を気持ち悪く思いたくない。だけど、どうしても、どうしても…。擦れ違い、友情、切なさ。自身の中で枯れかけた青春を彩るあれこれが、この物語を通じて色濃さを甦らせる。終盤何度も何度も泣かされた。どんな立場の人にも読んで欲しいと思う。作中に鳴るQUEENの楽曲を聴きながら。 …続きを読む
    あも
    2019年03月01日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

浅原 ナオト(あさはら なおと)

小説投稿サイト「カクヨム」に2016年、『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』を投稿開始。
18年同作が書籍化。19年5月22日には最新作『御徒町カグヤナイツ』を刊行予定。

最近チェックした商品