どん底名人

囲碁界最後の無頼派が、自らの人生を赤裸々に語る

  • 著者 依田 紀基
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2017年11月10日

囲碁界最後の無頼派が、自らの人生を赤裸々に語る

高濱正伸氏(花まる学習会代表)、小沢一郎氏(アマ六段、代議士)推薦!
「私はこの本を、遺言のつもりで執筆した」
北海道から単身上京して内弟子となり、囲碁界の頂点を極め、しかし女やギャンブルに溺れ下り坂に至るまでの明暗を、自ら向かい合い書き抜いた類まれなる自伝。

◆子供時代
野山を駆け回った子供時代/囲碁との出会いはクワガタ/北海道から単身上京 院生へ

◆内弟子時代
安藤門下/憧れの呉清源先生/師匠夫妻が多くの弟子を育てた理由/継続×信念×ツキ
最悪の暴力教師/オール1でも困らない

◆入段
念願のプロ試験合格/デビューから11連勝/秀行先生との出会い
家訓/親友/新人王戦初優勝の思い出

◆歌舞伎町漬け
独立してサルに/碁が怖い/復活のきっかけ 上村先生の一言/秀行先生との再会

◆上昇から一転、バカラ地獄へ
上昇/バカラ地獄へ足を踏み入れる/なぜバカラで負けるのか

◆どん底、そして光明
どん底、そして光明/初のビッグタイトル/死ぬことが怖くなくなった
結婚/破綻/孤独

◆生きてるだけで丸儲け
生きてるだけで丸儲け/小沢一郎さんとの出会い/AI囲碁について
三國志2/大いなる意思との約束/大勝負の舞台とは
負けた後こそが大事/生き恥/秀行先生は人生の目標
現状とこれから

書籍売上ランキング

最近チェックした商品