世界一孤独な日本のオジサン

日本のオジサンが危ない。「孤独」は日本の最も深刻な病だ!

  • 著者 岡本 純子
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2018年02月10日
  • レーベル:角川新書

日本のオジサンが危ない。「孤独」は日本の最も深刻な病だ!

2018年1月17日、イギリス政府が「孤独担当相」を新たに任命するというニュースが世界を駆け巡った。
「孤独」は今、世界各国で、今世紀最大の「伝染病」として危惧されている。中でも、国を挙げて「孤独」への取り組みを進めているのがイギリスだ。
日本同様、少子高齢化が進むイギリスでは、特に高齢者を中心に孤独に苦しめられる人が激増している。
しかし、最も事態が深刻で、「世界一孤独な国民」、それは日本人だ。
「孤独」はもはや、「国民病」として、多くの人の心身を蝕んでいる。
人々や政府の関心が急速に高まり、対策が進められる海外に比べ、日本では、国も人々もメタボやがん対策などには力を入れても、
この「万病のもと」に関心を向けることはあまりない。
特にこの「孤独」の犠牲者になりやすいのが、中高年の男性だ。
その大きな原因は日本独特の社会環境やオジサンの「コミュ力の“貧困”」にあるーー。

もくじ

序章 最も危険なリスクファクター――それは「孤独」  
第1章 孤独なオジサンたち
第2章 孤独は「死に至る病」
第3章 孤独の犠牲になりやすいオジサン
第4章 オジサンたちのコミュ力の“貧困” 
第5章 孤独の処方箋  
第6章 孤独にならないために ~「コミュ力不全」を防ぐ~

書籍売上ランキング

最近チェックした商品