試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
184
ISBN:
9784047348134

報いは報い、罰は罰 下

  • 著者 森泉 岳土
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
184
ISBN:
9784047348134

第21回文化庁メディア芸術祭【審査委員会推薦作品】選出!

その類い希な個性と驚きの技術によって注目を浴び、いとうせいこうフェスのビジュアル制作や村上春樹とのコラボレーションなど、漫画の枠を超える活動をつづける才能が挑む新境地。上下巻同時発売。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「報いは報い、罰は罰 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上下同時に読了。セリフが少ないのですぐ読める。確かに怖い。雰囲気が。ストーリーはミステリーで使い古されたネタなので、最初の数ページで既に結末が予想出来てしまう。絵が素晴らしいのでマンガというより大人の 上下同時に読了。セリフが少ないのですぐ読める。確かに怖い。雰囲気が。ストーリーはミステリーで使い古されたネタなので、最初の数ページで既に結末が予想出来てしまう。絵が素晴らしいのでマンガというより大人の絵本的に読める。これは、あれだ。エドワード・ゴーリーとか好きな人は多分好き。私的には、あとがきがとても良かった!作者のイギリス取材旅行での不思議体験談。字が小さくて、ちょっと長めの文章なんどけど、とても興味深く読みました。この人のエッセイとか旅行記など、読んで見たいと思いました。大人の人にオススメの書籍です。 …続きを読む
    よっち@疲れ目注意☆彡
    2018年09月15日
    72人がナイス!しています
  • 森泉氏は、毎度「あとがき」もみっちり書き込む人だが、本作の下巻はいつにも増して読み応えがある(笑)。というのも、若い頃に初めて渡英した時、終始激しい眠気に襲われ、夢を視ていたか現実だったか憶えていない 森泉氏は、毎度「あとがき」もみっちり書き込む人だが、本作の下巻はいつにも増して読み応えがある(笑)。というのも、若い頃に初めて渡英した時、終始激しい眠気に襲われ、夢を視ていたか現実だったか憶えていない、という奇妙な体験をしたという。そして、本作の取材ために再びイギリスへ渡り、そこでまた奇妙な体験をした・・・その内容は読んでのお楽しみなのだが、本作を構成するのは、おそらくその時に氏が「感じた」もの・・・言葉では表せない感覚を、何とかして絵=漫画で表現しようとした、そうした試みなのではないか、と思うのだ。 …続きを読む
    Bo-he-mian
    2019年01月05日
    12人がナイス!しています
  • ★★★★ ホラーです。何が怖いって、主人公が徐々にその世界に取り込まれて行くのにそのことをよく自覚していなくて、靄がかかったような感覚しか持っていないところ。主人公がたまに「ん?」という訝しげな表情を ★★★★ ホラーです。何が怖いって、主人公が徐々にその世界に取り込まれて行くのにそのことをよく自覚していなくて、靄がかかったような感覚しか持っていないところ。主人公がたまに「ん?」という訝しげな表情をするのが(またこの表情の描き方が素晴らしい)たまりません。悪意の源が明らかにされてまたゾッとするのもホラーの楽しみ。関係あるようなないようなですが、登場人物の名前も世界観を強めていてナイス。 …続きを読む
    gelatin
    2017年12月08日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品