角川文庫

GODZILLA 怪獣黙示録

11・17全国公開『GODZILLA 怪獣惑星』のプレストーリー!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041061817
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

GODZILLA 怪獣黙示録

11・17全国公開『GODZILLA 怪獣惑星』のプレストーリー!

  • 著者 大樹 連司(ニトロプラス)
  • 監修 虚淵 玄(ニトロプラス)
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041061817

11・17全国公開『GODZILLA 怪獣惑星』のプレストーリー!

ここに集められたのは、怪獣と戦ってきた時代の記録だ。巨大な絶望を前に、人類はいかに立ち向かい、いかに敗北したか--アニメ版GODZILLA、唯一無二の前史が登場。

メディアミックス情報

NEWS

「GODZILLA 怪獣黙示録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1999年、地球に最初の怪獣カマキラスが出現。それ以来、頻繁に現れる怪獣達により世界人口は激減、2030年、破壊神ゴジラ降臨。そして2048年、滅亡の淵にある人類は遂に地球外惑星への移住を決断する。本 1999年、地球に最初の怪獣カマキラスが出現。それ以来、頻繁に現れる怪獣達により世界人口は激減、2030年、破壊神ゴジラ降臨。そして2048年、滅亡の淵にある人類は遂に地球外惑星への移住を決断する。本書は生き延びた者のインタビューを纏めた滅びの記録であり、歴史でもある。インタビュー形式を取った事で人類の絶望感は身に迫り、他の怪獣を凌駕するゴジラへの恐怖や畏怖も非常に良く描き出されていた。東宝特撮へのオマージュも満載。アニメも本書もあまり期待はしていなかったけれど、本書を読んだ事でアニメにも期待が高まり⇒ …続きを読む
    Bugsy Malone
    2017年11月05日
    103人がナイス!しています
  • 世界が怪獣達に侵略されていき、地球脱出という選択をするまでの様子を描いた映画の前日譚??怖い情景でも笑えてしまうのは怪獣映画っていう下地があるからかな。。ビオランテとの対決シーンは笑える感じでした。映 世界が怪獣達に侵略されていき、地球脱出という選択をするまでの様子を描いた映画の前日譚??怖い情景でも笑えてしまうのは怪獣映画っていう下地があるからかな。。ビオランテとの対決シーンは笑える感じでした。映画の評判がイマイチなので、観に行くかは悩み中。 …続きを読む
    hnzwd
    2017年11月27日
    66人がナイス!しています
  • 映画のノベライズは数あれど、これほど成功しているものは多くないのではないだろうか。世界観や背景の提示、本編との出来事や心情面での繋がりのよさ。時間的制約の大きい映像メディアである劇場映画にはどうしても 映画のノベライズは数あれど、これほど成功しているものは多くないのではないだろうか。世界観や背景の提示、本編との出来事や心情面での繋がりのよさ。時間的制約の大きい映像メディアである劇場映画にはどうしても盛り込みづらいものを活字メディアの特性を活かし存分に補強している。多くの人々から聴き取ったインタビューという形式ゆえに視点はあくまで人間側に置かれ、だからこそ様々な人々の無数の想念に説得力が感じられる。映画にとって互いに欠くべからざる相棒の位置に辿りつき得た稀有な一例だと思う。 …続きを読む
    MF
    2017年11月30日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品