ムーン・リヴァー 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年12月21日
商品形態:
電子書籍

ムーン・リヴァー

  • 著者 栗本 薫
発売日:
2017年12月21日
商品形態:
電子書籍

男達の破滅的な恋の道行きは、果たして。衝撃作がついに文庫化!

恋人でトップスターの今西良が罪を告白し、収監された後。森田透は長年のパトロンで天才プロデューサーの島津と暮らしていた。しかしその関係は、島津がガンに侵されたことですさまじい愛へと変化して……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ムーン・リヴァー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【愛しき者よ。ーーー最愛の者、わが生涯にただひとつのーーーわが愛(島津)】年を経ても美しい男・透は愛憎を越えて結ばれた良が罪を償い、塀の中から出てくるのを待ち続ける……。長年の理解者でパトロンの島津と 【愛しき者よ。ーーー最愛の者、わが生涯にただひとつのーーーわが愛(島津)】年を経ても美しい男・透は愛憎を越えて結ばれた良が罪を償い、塀の中から出てくるのを待ち続ける……。長年の理解者でパトロンの島津と共に暮らしながら……。なんというか、ただただ圧倒された。ここまで、激しい感情のまま人を愛せてしまうものなのか。重過ぎる愛憎は人を狂気に駆り立て、時には殺意の刃となる。62歳になるまで本当に人を愛することを知らなかった島津が透を愛したとき、その狂気とも言える愛が狂おしく、でも不快でなく込み上げてくる(続) …続きを読む
    禍腐渦狂紳士タッキー(魘夢)
    2019年03月28日
    105人がナイス!しています
  • 栗本薫の最も初期に書かれた長編『真夜中の鎮魂歌』と、遺作のひとつである『ムーン・リヴァー』の間には、三〇年以上の時間が横たわっている。しかし、この二作はあらゆる意味で似通った小説だ。個人的な喜びのため 栗本薫の最も初期に書かれた長編『真夜中の鎮魂歌』と、遺作のひとつである『ムーン・リヴァー』の間には、三〇年以上の時間が横たわっている。しかし、この二作はあらゆる意味で似通った小説だ。個人的な喜びのために書かれていること、男性同士の愛を描いていること、そして、今西良という人物を中心に物語が綴られていること。栗本薫が生前にあちこちで書いているように、『真夜中の鎮魂歌』の今西良と、いわゆる「東京サーガ」と呼ばれるシリーズの今西良は別人ではある。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2019年07月04日
    34人がナイス!しています
  • 作者が既に故人だということをすっかり忘れていた。図書館の新刊本コーナーで見つけた時、はたと思い出した。このシリーズは、やおい、今でいうBLの話し。島崎62歳、透38歳になってしまったふたりの蜜月が描か 作者が既に故人だということをすっかり忘れていた。図書館の新刊本コーナーで見つけた時、はたと思い出した。このシリーズは、やおい、今でいうBLの話し。島崎62歳、透38歳になってしまったふたりの蜜月が描かれる。作中で、作家としての島崎が描かれているが、「この変態野郎の愛の告白と、代償行為のセックス妄想をいやというほどみせつけ」る妄想と願望の作品ばかりを書いているらしい。これを踏まえると、ガンに侵された自分を投影してるのだろうかと勘ぐってしまう。私の想像では余りあるからこそ面白いシリーズ。 …続きを読む
    ぱぁる
    2018年02月25日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品