営繕かるかや怪異譚

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041060476

営繕かるかや怪異譚

  • 著者 小野 不由美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041060476

雨の日に鈴の音が鳴れば、それは怪異の始まり。極上のエンターテインメント

叔母から受け継いだ町屋に一人暮らす祥子。まったく使わない奥座敷の襖が、何度閉めても開いている。
(「奥庭より」)
古色蒼然とした武家屋敷。同居する母親は言った。「屋根裏に誰かいるのよ」(「屋根裏に」)
ある雨の日、鈴の音とともに袋小路に佇んでいたのは、黒い和服の女。 あれも、いない人?(「雨の鈴」)
田舎町の古い家に引っ越した真菜香は、見知らぬ老人が家の中のそこここにいるのを見掛けるようになった。
(「異形のひと」)
ほか、「潮満ちの井戸」「檻の外」。人気絶頂の著者が、最も思い入れあるテーマに存分に腕をふるった、極上のエンターテインメント小説。
宮部みゆき氏、道尾秀介氏、中村義洋氏絶賛の、涙と恐怖と感動の、極上のエンタ-テインメント。

メディアミックス情報

NEWS

「営繕かるかや怪異譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小野不由美さんらしい怪異譚に満足。どのお話も怖いが、最後はかるかやさんの優しさで救われる気持ちになれる。 小野不由美さんらしい怪異譚に満足。どのお話も怖いが、最後はかるかやさんの優しさで救われる気持ちになれる。
    nuit
    2018年12月05日
    203人がナイス!しています
  • 第一話…古い町屋造りの家に住み始めた女性が、奧にある開かずの間に違和感を覚える話。初め我慢していた霊の気配に音や臭いや姿まで加わり、もう耐えきれなくなる。でも彼女はその家を出て行かない。呼ばれた「営繕 第一話…古い町屋造りの家に住み始めた女性が、奧にある開かずの間に違和感を覚える話。初め我慢していた霊の気配に音や臭いや姿まで加わり、もう耐えきれなくなる。でも彼女はその家を出て行かない。呼ばれた「営繕かるかや」を名乗る若者が霊能者でないのも気に入った。以前、恐い夢をよく見た時期があって、夢セラピストから「その夢の中に現れる恐ろしいものと話をしてみて下さい」といわれたのを思い出した。本書各話もそれぞれに恐いけれど、家を軀と同じように診て直していくのでほっとさせられる。水回りや窓の大切さを再認識した。2014 …続きを読む
    夜間飛行
    2020年06月28日
    181人がナイス!しています
  • 内藤了の『よろず建物因縁帳』の仙龍が曳き屋なら、こちらの尾端は営繕屋。古い城下町に移り住んできた人々が、家に住み着いているらしい誰かに怯える。霊感ばりばりの仙龍のことを思えば、尾端にはそんなものは一切 内藤了の『よろず建物因縁帳』の仙龍が曳き屋なら、こちらの尾端は営繕屋。古い城下町に移り住んできた人々が、家に住み着いているらしい誰かに怯える。霊感ばりばりの仙龍のことを思えば、尾端にはそんなものは一切なし。霊能師でも霊媒師でもないけれど、彼は怪異の正体の身になってその気持ちを考える。怪異は居住者を怯えさせているだけで、危害を加えたりはしないのだから。解決策が優しさに溢れています。6話の中には、正体をもう少し詳しく知りたかったものもありますが、切なさに胸が押しつぶされそうになったものも。すごく好きです。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2020年03月08日
    174人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品