角川文庫

営繕かるかや怪異譚

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041060476

角川文庫

営繕かるかや怪異譚

  • 著者 小野 不由美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041060476

雨の日に鈴の音が鳴れば、それは怪異の始まり。極上のエンターテインメント

叔母から受け継いだ町屋に一人暮らす祥子。まったく使わない奥座敷の襖が、何度閉めても開いている。
(「奥庭より」)
古色蒼然とした武家屋敷。同居する母親は言った。「屋根裏に誰かいるのよ」(「屋根裏に」)
ある雨の日、鈴の音とともに袋小路に佇んでいたのは、黒い和服の女。 あれも、いない人?(「雨の鈴」)
田舎町の古い家に引っ越した真菜香は、見知らぬ老人が家の中のそこここにいるのを見掛けるようになった。
(「異形のひと」)
ほか、「潮満ちの井戸」「檻の外」。人気絶頂の著者が、最も思い入れあるテーマに存分に腕をふるった、極上のエンターテインメント小説。
宮部みゆき氏、道尾秀介氏、中村義洋氏絶賛の、涙と恐怖と感動の、極上のエンタ-テインメント。


メディアミックス情報

NEWS

「営繕かるかや怪異譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小野不由美さんらしい怪異譚に満足。どのお話も怖いが、最後はかるかやさんの優しさで救われる気持ちになれる。 小野不由美さんらしい怪異譚に満足。どのお話も怖いが、最後はかるかやさんの優しさで救われる気持ちになれる。
    nuit
    2018年12月05日
    195人がナイス!しています
  • 幻想的ですらある、上品な味わいの作品だった。ちょっと類を見ない程に。古い家屋、或いは過去に何かがあったかもしれない家に起きる怪異。それを受け流すように、修繕する大工を生業とする尾端くん。最初の二話なん 幻想的ですらある、上品な味わいの作品だった。ちょっと類を見ない程に。古い家屋、或いは過去に何かがあったかもしれない家に起きる怪異。それを受け流すように、修繕する大工を生業とする尾端くん。最初の二話なんて、いじった場所を元通りにしただけだし。怪異の原因も正体も解明しない、ただ在るがまま受け入れて共存の道を探る、淡々と。怖い場面もあるが、清々しく上品な印象が忘れ難い。そして表紙が漆原さんだと気づいて、尚更好きになった一冊。お薦めです。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2018年08月19日
    137人がナイス!しています
  • ツイッターで存在を知って書店で購入した本。 妖怪や霊のたぐいだって人間と同じように存在して気持ちとかもあるのですよね…。怖いからといってむやみに排除するのはよくないなぁなんて改めて考えました。そして、 ツイッターで存在を知って書店で購入した本。 妖怪や霊のたぐいだって人間と同じように存在して気持ちとかもあるのですよね…。怖いからといってむやみに排除するのはよくないなぁなんて改めて考えました。そして、共存するしか他に方法がない場合だってありますし…。 …続きを読む
    Aya Murakami
    2018年06月24日
    131人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品