大人の語彙力大全 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年01月13日
商品形態:
電子書籍

大人の語彙力大全

  • 著者 齋藤 孝
発売日:
2018年01月13日
商品形態:
電子書籍

“大人の質”は、身に付けた「言葉の数」で決まる!

「この人できる!」と思われる語彙を全て網羅!

仕事の力量があるかないかということ以前に、稚拙な表現や思慮の浅そうな表現をしていれば、
社会人としてのレベルを低く見積もられてしまいます。

社会人としての評価を上げ、キャリア形成でつまずかない、軽く扱われないための
「知性と教養を感じさせる語彙」483語を日本語研究の第一人者、齋藤孝先生が一挙解説!

ベストセラー『語彙力こそが教養である』から2年、その集大成となる1冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大人の語彙力大全」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 語彙の拙さは仕事の拙さ。耳が痛い。意味や読みがアヤフヤな語句に成る程と都度納得するが、実際、使いこなすにはどうすべきか。上級編は漱石語。こころはオーディオで聞いて面白いと分かったつもりになっていたが、 語彙の拙さは仕事の拙さ。耳が痛い。意味や読みがアヤフヤな語句に成る程と都度納得するが、実際、使いこなすにはどうすべきか。上級編は漱石語。こころはオーディオで聞いて面白いと分かったつもりになっていたが、文学的な表現を堪能できてなかったのだと分かった。 …続きを読む
    ひろき
    2019年05月05日
    67人がナイス!しています
  • 今回の語彙の前半は、現代において、話し言葉だけでなく、書き言葉で使う表現や外来語、和製英語も含んだカタカナ言葉も、社会人としてこういうときに使う言葉として解説してもらっており、ほとんどが馴染みのある表 今回の語彙の前半は、現代において、話し言葉だけでなく、書き言葉で使う表現や外来語、和製英語も含んだカタカナ言葉も、社会人としてこういうときに使う言葉として解説してもらっており、ほとんどが馴染みのある表現に思える。 しかしながら、夏目漱石が使っていた言葉になると、明治初期に日本人が持ち合わせていた語彙、文化と現代の文化は少し事情が異なるのだろうと思えるくらい、普段使わない、もしくは意味もわかりづらい表現が多いことがわかる。 言葉には、派生して生まれたものもたくさんある。一つ覚えたら派生を調べると良い。 …続きを読む
    Kentaro
    2020年01月12日
    40人がナイス!しています
  • 社会人として必要な語彙481語を収録。一般語彙(基本語、敬語、言い訳)の他、カタカナ語彙(頻出語、ビジネス語)や、上級語彙(漱石語)についても解説。一般語彙は大丈夫かと思ったが、不調法・やぶさかでない 社会人として必要な語彙481語を収録。一般語彙(基本語、敬語、言い訳)の他、カタカナ語彙(頻出語、ビジネス語)や、上級語彙(漱石語)についても解説。一般語彙は大丈夫かと思ったが、不調法・やぶさかでない・一献・慇懃・同慶・放念・愁眉・夢寐にも・跋扈・語るに落ちる・教唆・不世出は、間違った解釈をしており愕然とした。カタカナ語彙も、リテラシー・クオリア・コンサバティブ・オーソリティは怪しく覚えていた。漱石語は、漱石の小説を読む時に役立つ。反駁・慰藉・就中などはスルーして読んでいたことを思い出す。もっと学ばねば。 …続きを読む
    Susumu Tokushige
    2018年01月26日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品