池上彰の世界から見る平成史 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年02月17日
商品形態:
電子書籍

池上彰の世界から見る平成史

  • 著者 池上 彰
発売日:
2018年02月17日
商品形態:
電子書籍

激動の平成時代・日本を世界との関わりで読み解く池上講義。

平成31年を迎える2019年から新しい元号を用いることが決まり、激動の平成時代が、ほぼ30年で終わりを迎えることになった。そこで、池上彰氏に、世界の中の日本・平成時代を読み解いていただく。「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズの特別版でもある。
バブルの頂点から始まった平成時代は、その後、バブルの崩壊、失われた20年を迎えることになる。くしくも平成のスタートは、東西冷戦終結とも重なり、新たな対立構造、グローバル社会と歩みを同じくする。日本の大きな分岐点となった激動の平成時代を世界との関わりから読み解く。全面2色展開とし、写真や図表、イラスト図解などを多用する池上「平成」解説講義。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「池上彰の世界から見る平成史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズの特別版。平成時代の日本と世界の主要な出来事を、教科書的なワンポイント解説で振り返ります。池上氏の本らしく、広く浅く、短時間で把握できます。様々な出来事の中か 「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズの特別版。平成時代の日本と世界の主要な出来事を、教科書的なワンポイント解説で振り返ります。池上氏の本らしく、広く浅く、短時間で把握できます。様々な出来事の中から、あえてピックアップするとしたら、世界情勢は米国VS中東とグローバル経済の歪み、日本は2つの大震災と稚拙な政権交代でしょうか。平成期の後半、米国一強の時代が終焉し各国のエゴが顕著となり、世界情勢は混沌としてきました。独裁者が台頭する中露等に対し、日本はより戦略的な外交を展開しないと、領土を失いかねません。 …続きを読む
    キック
    2018年03月18日
    56人がナイス!しています
  • 参考文献に池上さん自身の著者が大量に記されているように、いわゆる「リライトもの」の側面が強い。思えば、池上さんは平成という「わかりやすさ時代」の申し子と言えるのかもしれない。『こどもニュース』から池上 参考文献に池上さん自身の著者が大量に記されているように、いわゆる「リライトもの」の側面が強い。思えば、池上さんは平成という「わかりやすさ時代」の申し子と言えるのかもしれない。『こどもニュース』から池上解説の確立まで、その仕事は「手っ取り早く知識を得たい」というニーズに応えてきた。一方、池上さんは「簡単に読み解けるニュースはない」ということも同時に伝えたかったはずだが、その「わかりづらい」姿勢は批判を受けてきた。新しい元号の下では、また違ったジャーナリズムの形が登場するのかもしれない。 …続きを読む
    ふっかー復活委員長
    2019年01月05日
    23人がナイス!しています
  • 平成が終わるまで残すところ約半年、来たる新時代の前に今一度振り返っておこうかなと… 昭和から平成に変わった頃は既に物心ついている時だったので、平成初期の出来事は記憶に残っており、こんなこともあんなこと 平成が終わるまで残すところ約半年、来たる新時代の前に今一度振り返っておこうかなと… 昭和から平成に変わった頃は既に物心ついている時だったので、平成初期の出来事は記憶に残っており、こんなこともあんなこともリアルタイムで見聞きしたものばかりで、懐かしいなという気持ちで読んだ。理解しているつもりだったことでも新しい発見があり、池上さんの噛み砕かれた分かりやすい解説のおかげで知識を深めることが出来て、とても勉強になった。 …続きを読む
    真香
    2018年10月06日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品