天国に一番近い会社に勤めていた話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784046020956
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

天国に一番近い会社に勤めていた話

  • 著者 ハルオサン
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784046020956

★大人気ブログ 「警察官クビになってからブログ」が、ついに書籍化!★

小さい頃の夢は警察官になることだった。
公務員試験に合格し、警察学校に行ったものの、
わずか半年で辞めることに……。
夢を砕かれたあとの主人公ハルオサンの壮絶なる人生はいかに!

※本書は、ブログを再編集・再構成した書下ろし。

================
元タンクトップ少年は確かにクレイジーな男でした。
しかし、この会社に足を踏み込めばただの一般人に成り下がります。

強盗、暴行、傷害、詐欺。

この会社の従業員の大半は……、
ありとあらゆる(元)犯罪者の集まりだからです。
『人生の道』を踏み外し、
どこにも行き場所がなくなってしまった人間が、
最後に辿り着く場所が、ココなのです。

警察官を辞めた私も、
真っ当な人間ではありません。
もう染まっているのです……。
真っ黒に。

     ――本文より
================

夢を砕かれたその後、スイミングスクールのアルバイトの子どもたちに傷心を癒してもらう。
そして、長い就職活動した末に入った家具屋では、死後部屋の清掃をするはめに。
月収25万円の求人広告にひかれて入社した会社は、元犯罪者ばかりの究極のブラック企業。
そこで知り合った女性と婚約するもの、相手の5股が発覚。またもや傷心。
即採用された次なるベンチャー企業も、たとえるのなら地獄の沼という名のブラック。
行き場を失ったハルオサンは、ドロドロの日雇いをしながら起業を。
しかし……。

このクソ人生にピリオドを打つために、死ぬ覚悟で始めた
たった1つのこととは……。


【おもな内容】
◎オモテ家具屋ウラノ死後清掃
◎アットホームブラック
◎人生を変える巨乳オリンピック
◎不気味な会社のルール
◎健康食品という名のカルト
◎凶悪犯たちの希望
◎ブラック企業ジャンキー
◎天国へのキップ
◎敗者復活戦
◎弱者の戦い方
◎人生最後の挑戦
◎灰色のクソ人生

もくじ

1はじまりのはじまり  2人生のリセットボタン 3オモテ家具屋ウラノ死後清掃
4アットホームブラック 5人生を変える巨乳オリンピック 6不気味な会社のルール
7タンクトップの面接者 8健康食品という名のカルト 9 1月のハイテンション出勤
10最下層民の恋 11凶悪犯たちの希望 12ブラック企業の洗脳からの脱却
13ブラック企業ジャンキー 14天国に一番近い会社 15人に愛されるために
16カルトカルテット 17天国への切符 18豆の王国 19敗者復活戦
20弱者の戦い方 21人生最後の挑戦 22ブログの力 23灰色のクソ人生
24おわりのはじまり

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天国に一番近い会社に勤めていた話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こんなブラックがあるんだと驚愕です。ショッキングな話の数々にしっかりした会社に入社出来ただけで幸せなんだなと実感。 こんなブラックがあるんだと驚愕です。ショッキングな話の数々にしっかりした会社に入社出来ただけで幸せなんだなと実感。
    Babachan.com
    2018年03月22日
    22人がナイス!しています
  • 超がつくほどのブラック企業?で働いていた人の話。正直狂気しか感じなかった。社員を宴会で笑わせる、とかパワハラですよね。しかも月収が5万円。こんな会社、あるんでしょうか。あるんでしょうねぇ。 超がつくほどのブラック企業?で働いていた人の話。正直狂気しか感じなかった。社員を宴会で笑わせる、とかパワハラですよね。しかも月収が5万円。こんな会社、あるんでしょうか。あるんでしょうねぇ。
    マッキー
    2018年07月12日
    14人がナイス!しています
  • 小さい頃からの夢だった警察官になるも、半年でクビ。その後、絵に描いたようなブラック企業に就職してしまったのに、何故だか全力で頑張ってしまう。そこから更に変な人達に巻き込まれたり(そういう場所には、負の 小さい頃からの夢だった警察官になるも、半年でクビ。その後、絵に描いたようなブラック企業に就職してしまったのに、何故だか全力で頑張ってしまう。そこから更に変な人達に巻き込まれたり(そういう場所には、負のパワーの人しか集まらないからなぁ)、散々な目にばかり遭ってるのに、他人を恨まず、いちいち真面目に対応してる。そして、「これを書いたら死のうと思った」ブログが書籍化。不器用にも程があるけど、本当に凄い人だわ。自暴自棄になって、無差別事件起こすぞコラってネットの中で騒いでるような人達に読ませたい。 …続きを読む
    なっき〜
    2018年07月26日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品