入り婿侍商い帖 大目付御用(一)

入り婿侍商い帖 大目付御用(一) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年08月25日
商品形態:
電子書籍

入り婿侍商い帖 大目付御用(一)

  • 著者 千野 隆司
発売日:
2017年08月25日
商品形態:
電子書籍

父は商人、息子は武士。家族で力を合わせ、閉ざされた知行地の闇をあばく! 人気シリーズ新章突入!

父は商人、息子は武士。
家族が力を合わせて闇を暴く、人気シリーズ新章突入!

武士として兄の仇討ちを果たし、婿入り先の米屋・大黒屋に戻った角次郎に、大目付の中川から呼び出しがあった。
曰く、古河藩重臣の知行地で、重税に抗議した村名主が不審死。
その息子が、事件の吟味に対する不満を直訴してきたため、商人として事を荒立てず訴えの真偽を探ってほしい、と言う。
旗本・五月女家の主となった息子の善太郎を連れ、件の知行地へ向かった角次郎。
待ち受けていたのは、腕利きの刺客と、思わぬ陰謀だった――!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「入り婿侍商い帖 大目付御用(一)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「入り婿侍商い帖」シリーズとしては10作目。 「大目付御用」の1作目。 大黒屋の主人となった角次郎、39歳。 五月女家を継いだ長男の善太郎が16歳になっている。今作では、角次郎と共に、古河藩の内部で起 「入り婿侍商い帖」シリーズとしては10作目。 「大目付御用」の1作目。 大黒屋の主人となった角次郎、39歳。 五月女家を継いだ長男の善太郎が16歳になっている。今作では、角次郎と共に、古河藩の内部で起きている不正の証拠をみつける旅に出る。 …続きを読む
    ベルるるる
    2017年10月11日
    20人がナイス!しています
  • 期待を裏切らない終わりかたでした。 次の巻は、きっと危険な場面がこの巻より増えると予想。 とても楽しみなシリーズです。 期待を裏切らない終わりかたでした。 次の巻は、きっと危険な場面がこの巻より増えると予想。 とても楽しみなシリーズです。
    アボガドみよ
    2017年10月06日
    4人がナイス!しています
  • 終わった、と思っていたシリーズが又出ていました。お侍さんは息子に譲って、お米屋さんとして奮闘、新しい取引を模索する新シリーズも期待です。 終わった、と思っていたシリーズが又出ていました。お侍さんは息子に譲って、お米屋さんとして奮闘、新しい取引を模索する新シリーズも期待です。
    定年おやじ
    2019年06月25日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品