角川文庫

入り婿侍商い帖 大目付御用(三)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041068502
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

入り婿侍商い帖 大目付御用(三)

  • 著者 千野 隆司
  • イラスト 浅野 隆広
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041068502

今こそ、父を助くるとき。かつての強敵が江戸に戻り、大黒屋に最大の危機!

今こそ、父を助くるとき!
かつての強敵・佐柄木屋が江戸に戻り、角次郎と大黒屋に最大の危機が訪れる。
「大目付御用」波乱の完結巻!

札差屋を手に入れ、ますます商いに精を出す角次郎と大黒屋一同に、かつての敵、佐柄木屋が恩赦で江戸に戻ったという報せが入る。
時を同じくして、大目付・中川より、政商千種屋の企みがちらつく事件の調査を命じられた角次郎。
武士の息子・善太郎と共に警戒を強める中、隙をつかれ舅の善兵衛が暴漢に襲われてしまう。背後には四人の男の影。
一家は団結して仇討ちを誓うが、次の刃は意外な者へと向けられた――!

『おれは一万石』でも話題の著者による、元祖「入り婿」シリーズ最新刊!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「入り婿侍商い帖 大目付御用(三)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今作で角次郎と佐柄木屋の長年の戦いは決着。これからは、段々と子供世代へと話も移行していくのかな。 今作で角次郎と佐柄木屋の長年の戦いは決着。これからは、段々と子供世代へと話も移行していくのかな。
    ベルるるる
    2018年07月11日
    23人がナイス!しています
  • 2018年3月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ通算12作目。大目付御用編3作目にして、完結巻。千種屋の悪だくみに角次郎、善太郎とお稲が、がんばる。今回も、大団円。いつの間にか、夢中になってしまいます。次 2018年3月角川文庫刊。書下ろし。シリーズ通算12作目。大目付御用編3作目にして、完結巻。千種屋の悪だくみに角次郎、善太郎とお稲が、がんばる。今回も、大団円。いつの間にか、夢中になってしまいます。次巻も楽しみです。 …続きを読む
    ひさか れい
    2018年06月19日
    5人がナイス!しています
  • この3巻シリーズは政商との闘い。隠密の様な動きで、商いを拡大。息子善太郎の恋噺もあり。大黒屋と羽前屋一つになればいいのにと思うが、ダメかな。 この3巻シリーズは政商との闘い。隠密の様な動きで、商いを拡大。息子善太郎の恋噺もあり。大黒屋と羽前屋一つになればいいのにと思うが、ダメかな。
    Dyans
    2019年03月23日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品