角川文庫(海外)

ザ・スパイ

最大の罪は自由で自立した女だったということ――。パウロ待望の最新作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041058602
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫(海外)

ザ・スパイ

最大の罪は自由で自立した女だったということ――。パウロ待望の最新作!

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 訳 木下 眞穂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041058602

最大の罪は自由で自立した女だったということ――。パウロ待望の最新作!

「わたしの最大の罪は、男たちが動かしている世界にあって自由で自立した女だったということ」――。
 1917年10月15日、パリ。第一次大戦下のフランスで、謎に包まれた一人の女性、マタ・ハリが、二重スパイの罪で銃殺刑となった。彼女は本当にスパイだったのか。
 世界的ベストセラー作家が、多くの史料にあたりながら、その美貌と妖艶な踊りで多くの男たちを虜にした女性の、悲しくも激しい数奇な人生を描いた話題作。

【もくじ】

プロローグ
第 一 部
第 二 部
第 三 部
エピローグ
著者あとがき

訳者あとがき 

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ザ・スパイ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • マタ・ハリをどう捉えるか。コエーリョの創るマタ・ハリは、虚栄から身を滅ぼした。思い上がり、贅沢、不相応、大言壮語、そんな彼女の性質が、彼女の運命を彼女のコントロールできないところに持っていく。しかし、 マタ・ハリをどう捉えるか。コエーリョの創るマタ・ハリは、虚栄から身を滅ぼした。思い上がり、贅沢、不相応、大言壮語、そんな彼女の性質が、彼女の運命を彼女のコントロールできないところに持っていく。しかし、本人は意外と満足しているかもしれない。皆の記憶に残るのは、むしろグレタ・ガルボの美しい姿。コエーリョの様に彼女の真の姿を切り取って見ようとしなければ、皆が思い描くのは、美しいままの伝説の女スパイ。コエーリョは、彼女に寄り添ったのか、もしくは、暴き出すために利用したのか...。 …続きを読む
    ケイ
    2018年08月23日
    134人がナイス!しています
  • 実話に基づいて、悲しくも激しい運命が描かれていました。二重スパイと言われたマタ・ハリの物語。多くの資料から、美貌と妖艶さで男たちを虜にしてきた人生が描かれていました。自由で自立した女だという自信がそう 実話に基づいて、悲しくも激しい運命が描かれていました。二重スパイと言われたマタ・ハリの物語。多くの資料から、美貌と妖艶さで男たちを虜にしてきた人生が描かれていました。自由で自立した女だという自信がそうさせていたのでしょう。歴史の中にここまで自分を怪しく輝かせた女性はいたと言えるかというとそうではないと思われます。 …続きを読む
    優希
    2019年01月15日
    66人がナイス!しています
  • 実話に基づいて、悲しくも激しい運命が描かれていました。二重スパイと言われたマタ・ハリの物語。多くの資料から、美貌と妖艶さで男たちを虜にしてきた人生が描かれていました。自由で自立した女だという自信がそう 実話に基づいて、悲しくも激しい運命が描かれていました。二重スパイと言われたマタ・ハリの物語。多くの資料から、美貌と妖艶さで男たちを虜にしてきた人生が描かれていました。自由で自立した女だという自信がそうさせていたのでしょう。歴史の中にここまで自分を怪しく輝かせた女性はいたと言えるかというとそうではないと思われます。 …続きを読む
    優希
    2019年01月15日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品