井伊直虎の真実

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047036215

井伊直虎の真実

  • 著者 黒田 基樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047036215

「伊井谷徳政」を読み解きながら、井伊直虎の実像に迫る決定版!

井伊直虎は、戦国時代に遠江国井伊谷領を領国とした国衆・井伊家最後の当主だが、実像は殆ど知られていない。通説では井伊直盛の娘・次郎法師とされてきた。直虎がみえる史料はわずか8点。そのうち6点は井伊谷領で実施した「井伊谷徳政」と呼ばれる徳政に関するものである。解読が難しい「井伊谷徳政」の実態を明らかにし、戦国時代の徳政とはいかなるものであったのか、直虎とはどのような存在であったのかに迫る。


目 次

第一章 井伊直虎の登場

第二章 匂坂直興の書状を読む

第三章 関口氏経の書状を読む

第四章 瀬戸方久宛の文書を読む

第五章 井伊谷徳政の全貌

もくじ

目 次

第一章 井伊直虎の登場

第二章 匂坂直興の書状を読む

第三章 関口氏経の書状を読む

第四章 瀬戸方久宛の文書を読む

第五章 井伊谷徳政の全貌


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「井伊直虎の真実」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★ 最新の文献による考察。直虎が男で今まで直虎と思われていた女性の妻となると、今までの研究もいろいろ変わってくるだろう。メジャーな人物ではなかったが、大河ドラマになったので衝撃が大きそう。ドラ ★★★★★ 最新の文献による考察。直虎が男で今まで直虎と思われていた女性の妻となると、今までの研究もいろいろ変わってくるだろう。メジャーな人物ではなかったが、大河ドラマになったので衝撃が大きそう。ドラマをみてるからで、登場人物にキャストが重なる。関口の息子が直虎で直盛の婿養子ですと!イメージが変わるな。 …続きを読む
    宇宙猫
    2017年09月09日
    28人がナイス!しています
  • 大河ドラマ放送直前に井伊直虎は実は男でしたというの知り、本書できっと書いてるだろうと期待して読んだ。最初に直虎の出自を明記した資料の紹介とそれから考えられる家系図。関口氏経の子で新田の「おい」と記載さ 大河ドラマ放送直前に井伊直虎は実は男でしたというの知り、本書できっと書いてるだろうと期待して読んだ。最初に直虎の出自を明記した資料の紹介とそれから考えられる家系図。関口氏経の子で新田の「おい」と記載されており、また判物が真名文(漢文)で書かれてることから明らかに男とのこと。その後は数少ない一次資料を元に井伊谷徳政について詳しく考察している。徳政は飢饉や戦のときに経済バランスを保つためにもよくなされるとか。戦国時代は徳政の時代だったらしい。非常に勉強になる。 …続きを読む
    BIN
    2017年12月28日
    7人がナイス!しています
  • 「おんな城主」とされる井伊直虎の出自を再考すると共に、井伊谷徳政の過程を史料から丁寧に読み解く。新出史料等より、井伊直虎は今川家臣関口氏から井伊氏に養子に入ったもの(当然男性)とし、徳政文書が関口氏経 「おんな城主」とされる井伊直虎の出自を再考すると共に、井伊谷徳政の過程を史料から丁寧に読み解く。新出史料等より、井伊直虎は今川家臣関口氏から井伊氏に養子に入ったもの(当然男性)とし、徳政文書が関口氏経・井伊直虎連名で出されている理由を実父の縁によるものとする。井伊谷徳政文書8通について、史料写真・翻刻・読み下し・現代語訳と丁寧に解説されており、史料から仮説へ至る道を辿る事ができる。直前に大河ドラマ展にて同文書を見ていた事もあり、その際に浮かんだ疑問もほぼ解決され、とても興味深く楽しく読むことができた。 …続きを読む
    あかる
    2017年08月15日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品