怪盗不思議紳士

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041057414

怪盗不思議紳士

  • 著者 我孫子 武丸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041057414

少年探偵と、宿敵である怪盗のバトルがいま始まる! 痛快ミステリ活劇。

戦後間もない日本。孤児の瑞樹はひょんなことから探偵・九条響太郎探偵の助手を務めることになる。凶悪な事件を引き起こす謎の強盗集団、怪盗不思議紳士の追跡に協力することになった矢先、衝撃的な事件が起きる!


メディアミックス情報

NEWS

「怪盗不思議紳士」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み終わってから表紙を見れば納得しましたが、予想外の展開が序盤から・・・。その時代ならではのトリックなんかが出てきますが面白かったです。 読み終わってから表紙を見れば納得しましたが、予想外の展開が序盤から・・・。その時代ならではのトリックなんかが出てきますが面白かったです。
    ダイ
    2018年04月15日
    90人がナイス!しています
  • やっぱりそう終わるしかないよな。「終わり」にして「始まり」という感じの物語だった。 やっぱりそう終わるしかないよな。「終わり」にして「始まり」という感じの物語だった。
    takaC
    2018年07月24日
    85人がナイス!しています
  • 探偵と探偵助手、そして怪盗の物語。……と言いたいところだけど、んー、タイトルなのに怪盗成分はイマイチ。でも最後に おおー!となったので文句はありませぬ。関智一さんのヘロQ舞台の脚本からの小説というのは 探偵と探偵助手、そして怪盗の物語。……と言いたいところだけど、んー、タイトルなのに怪盗成分はイマイチ。でも最後に おおー!となったので文句はありませぬ。関智一さんのヘロQ舞台の脚本からの小説というのは、発売前にカドブンのインタビューで知っていたけど、読んでみるとあまり舞台感なく、逆にどんな風に舞台で演じられていたのか興味が。舞台では大正時代だったとか。この終り方、続編ありかしら?あるといいなぁ。おもしろかった。 …続きを読む
    九月猫
    2018年05月02日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

我孫子 武丸(あびこ たけまる)

1962年兵庫県生まれ。1989年『8の殺人』でデビュー。代表作は『殺戮にいたる病』。

最近チェックした商品