ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月12日
判型:
B6変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784047346048

関連作品有り

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語

  • 著 小野寺 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月12日
判型:
B6変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784047346048

ラノベ感覚でキャラ萌えしながら読める「古事記」!!

日本の神様が大活躍する下ネタ満載のギャグ本みたいな歴史書『古事記』。しかし1300年以上前に書かれたため言葉遣いが難しく、読み切れない方も多いはず。そこで本書は、小難しい解説をぜーんぶ取っ払って物語だけを抜き出し、ラノベ風にまとめました!

【内容】
『古事記』とは、日本の神話からはじまる日本最古の歴史書のことです。上中下巻からなり、上巻は日本神話、中下巻は天皇記が書かれています。本書はそのうちの上巻『日本神話』のストーリーをラノベ風に現代語訳しました。
著者の愛によって脳内変換された古事記。読み終わる頃には、きっとあなたも今まで以上に日本が大好きになっているはず。

※本書は古事記のストーリーを楽しんでいただくことを目的としているため、学術的な正当性を示すものではありません。
※相関図や目次に使われている名称の漢字について、基本的には古事記のものを使用していますが、一部わかりやすさを優先した表記に変更しています。

【著者】
小野寺 優(おのでら ゆう)
7月12日生まれ、東京都在住のWEBデザイナー。古事記が好きすぎて、2014年10月に古事記を現代的に口語訳したサイト『古事記を現代語訳っていうかラノベ風にしてみた』を立ち上げたところ、「わかり易くて面白い」との口コミが広まり、月間約50万VP(※)の人気サイトに。現在はTwitterやFacebookなどで古事記の豆知識を配信中。
※Googleアナリティクス 2017年1月データ

メディアミックス情報

NEWS

「ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • \うおぉ~なんじゃこりゃ⁇ カッケェ~‼ コレあれじゃね⁇? ラスボス倒すともらえる最強武器的なソレじゃねっ⁉”ースサノオは草薙剣を手に入れた   最初の50pほどはなんじゃこれ、と思ってたけど、文体 \うおぉ~なんじゃこりゃ⁇ カッケェ~‼ コレあれじゃね⁇? ラスボス倒すともらえる最強武器的なソレじゃねっ⁉”ースサノオは草薙剣を手に入れた   最初の50pほどはなんじゃこれ、と思ってたけど、文体?に慣れたら面白かったww …続きを読む
    榊原 香織
    2021年11月26日
    66人がナイス!しています
  • ラノベ風でとても読みやすかった。全く知らなかった話もあったし、今までうろ覚えでごっちゃになってた神話の数々がこれを読んでスッキリとクリアになった。黄泉の国でのイザナミがゾンビみたいで怖い~(>_<)。 ラノベ風でとても読みやすかった。全く知らなかった話もあったし、今までうろ覚えでごっちゃになってた神話の数々がこれを読んでスッキリとクリアになった。黄泉の国でのイザナミがゾンビみたいで怖い~(>_<)。国譲りの話ではオオクニヌシが家康に思える(^^♪。山幸彦の話で出てくる玉依姫は八咫烏シリーズに出てくる姫とは違うのかな?乳母の立場で自分が育てた子と結婚するところは同じだけど、夫が違うから、あれ?ってなった。ネットで検索すると玉依姫にはいろいろ種類があるみたい。面白~い。 …続きを読む
    そら
    2017年12月04日
    34人がナイス!しています
  • 古事記には興味あったが敷居が高そうで敬遠していた・・・そんな時に出会ったのが、この本。凄く分かりやすかったし、メッチャ笑った。そして気付いたら読み終わってた。入門書としては非常にお薦めだと思う。是非、 古事記には興味あったが敷居が高そうで敬遠していた・・・そんな時に出会ったのが、この本。凄く分かりやすかったし、メッチャ笑った。そして気付いたら読み終わってた。入門書としては非常にお薦めだと思う。是非、中、下巻も出版してもらいたい!! …続きを読む
    kou
    2018年12月09日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品