厭世マニュアル

第6回 野性時代フロンティア文学賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041056097

第6回 野性時代フロンティア文学賞

厭世マニュアル

  • 著者 阿川 せんり
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041056097

マスク乙女よ、妖怪だらけの世を不器用に生きぬけ。勇気をくれる青春小説。

マスク乙女の、不器用なる反逆的青春小説、ここに誕生!

■ろくでもなく愛おしい主人公の決断に、きっと誰かが救われる。――住野よる氏

■薄暗い青春の片隅でうごうごしているとき、我々はみんなマスクをつけている。――森見登美彦氏(解説より)

人生、マスクが必需品。
自称「口裂け女」ことくにさきみさとは、札幌在住の22歳フリーター。
他人とはマスクを隔てた最低限の関わりで生きてきたが、諸事情により、避けてきた人々と向き合う決意をした。
自己陶酔先輩の相手をし、ひきこもりの元親友を説得し……やっかい事に巻き込まれ四苦八苦する口裂けだが、周囲の評価は確実に変化していき――?
衝撃の結末とある「勇気」に痺れる、反逆の青春小説!

第6回野性時代フロンティア文学賞受賞作。

メディアミックス情報

NEWS

「厭世マニュアル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • めくるめく怒濤のひとり語りに吸い寄せられるうち、ふと気づく。マスクを装着してしか人と向き合えない主人公。この子は私だ。私もきっと見えないマスクをしているのだ。しかし、顔が隠れて何を考えているかわからな めくるめく怒濤のひとり語りに吸い寄せられるうち、ふと気づく。マスクを装着してしか人と向き合えない主人公。この子は私だ。私もきっと見えないマスクをしているのだ。しかし、顔が隠れて何を考えているかわからないと、それはそれで勝手なことを言ってくる人もいる。マスクを外さなくてはいけない。言われなくても自分が誰より知っている。だから私は、主人公が上げた反逆の狼煙に、彼女と一緒になって叫び出したくなるほどの感動を覚えた。「私の人生を生きているのは私なんだよ!」と声にならない声を上げている全ての人たちに贈りたい作品。 …続きを読む
    ユメ
    2017年09月04日
    43人がナイス!しています
  • 常にマスクを付け、他人との接触を避ける22歳のフリーター、通称「口裂け女」。しかし、そんな口裂けが、周囲の人たちと関わる羽目になり…。幸か不幸か、わたしは自分が真っ当な人間だと思っているのだが、そのせ 常にマスクを付け、他人との接触を避ける22歳のフリーター、通称「口裂け女」。しかし、そんな口裂けが、周囲の人たちと関わる羽目になり…。幸か不幸か、わたしは自分が真っ当な人間だと思っているのだが、そのせいか主人公の気持ちに寄り添うことができずに困ってしまった。多分、この真っ当さ故の傲慢や欺瞞が、彼女のような人を苦しめているのだろうと思うものの、イライラするのを止められず。主人公の周囲の人物は身勝手な存在として描かれているようだが、そちらの方がまだ理解が容易。苦々しさばかりが残り、単純に相性が悪い作品だった。 …続きを読む
    カノコ
    2019年05月26日
    38人がナイス!しています
  • 最後まで読んでよかったー!と本を閉じながら思う。感情移入してしまう私は、鬱々とした気持ちになりながら、自分と重ねながら読み進めた為、なかなか先に進まず、読了まで時間がかかってしまったけれど。鬱々とした 最後まで読んでよかったー!と本を閉じながら思う。感情移入してしまう私は、鬱々とした気持ちになりながら、自分と重ねながら読み進めた為、なかなか先に進まず、読了まで時間がかかってしまったけれど。鬱々とした気持ちになった分だけ、読後の爽快感は大きい。話は横にそれるが…マスクの時は営業スマイルしなくてすむから楽だな、っていう 接客業あるある(?)に 頷く人は、読書メーターに何人くらいいるのだろうか。 …続きを読む
    saki
    2017年09月27日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品