試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041053751

プー通りの家

  • 作 A.A.ミルン
  • 訳 森 絵都
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041053751

話題の新訳「プーさん」に待望の完結編が登場!

 百エーカーの森に、新しい仲間、ティガーがやってきた! 暴れん坊だけど、無邪気な幼い彼に、森の仲間たちはてんやわんや。にぎやかになった森に次々事件が巻き起こる。
プーとコブタはイーヨーのために家を建て、プーが発明した遊び「プー棒流し」にみんな夢中になり、オウルの倒れた家から力を合わせて脱出をはかる。そして近づくクリストファー・ロビンの旅立ち――。
 永遠の森で今も私たちを待っている、クマのプー完結編。

【もくじ】
うしろがき
1章 プー通りに、イーヨーの家が建ちます
2章 ティガーが森へやってきて、朝ごはんを食べます
3章 捜索隊がそすきされて、コブタが、ふたたび、アブリガドーに遭遇しかけます
4章 ティガーは木にのぼらない、とわかります
5章 ラビットが大いそがしで、クリストファー・ロビンが、午前中、何をしているのかわかります
6章 プーが、新しい遊びを発明して、イーヨーが仲間に入ります
7章 ティガーが、暴れぬぼうになります
8章 コブタが、たいへん、立派なことをします
9章 イーヨーが、オウルの家を見つけて、オウルがひっこしをします
10章 クリストファー・ロビンとプーが、魔法の森をおとずれ、そこで、わたしたちとお別れします

訳者あとがき


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「プー通りの家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今回は、楽しいだけじゃなくて、ちょっと寂しい感じもあったな。プーの物語の裏側(現実世界)のことも踏まえると、どうしても悲しさや切なさも付き纏ってくるのかな。でも、必要とあらば、いつでもプーと出会えるん 今回は、楽しいだけじゃなくて、ちょっと寂しい感じもあったな。プーの物語の裏側(現実世界)のことも踏まえると、どうしても悲しさや切なさも付き纏ってくるのかな。でも、必要とあらば、いつでもプーと出会えるんだという希望も感じられる結末になっているので、ホッとできる。森さんの訳がやっぱり素敵で好き。プーたちのセリフ(鼻歌や詩も含めて)の言い回しというか表現が本当に絶妙というかなんとも言えない味があって、キャラそれぞれの個性を堪能できた。みんな色んな特徴があるけど、みんな違ってみんな良いし、そう考えると励まされる。 …続きを読む
    ハミング♪♪@LIVE ON LIVE
    2018年01月24日
    51人がナイス!しています
  • プーたちにティガーが新たな仲間に加わります。みんな楽しく暮らしました、とはなりません。心なしかすれ違いギスギスしています。仕方のないことです。訳者あとがきのとおり、本作はプーたちとお別れを暗示していま プーたちにティガーが新たな仲間に加わります。みんな楽しく暮らしました、とはなりません。心なしかすれ違いギスギスしています。仕方のないことです。訳者あとがきのとおり、本作はプーたちとお別れを暗示しています。クリストファー・ロビンも私たちも「魔法に満ちた子供時代」は、いつか卒業しなくてはなりません。でも、心配は入りません。プーの正式名称『Winnie-the-Pooh』は『We need the Pooh』と発せます。百エーカーの森で自作の詩を口ずさむ陽気なプーに、本を開けばいつでも必要な時に会いに行けます。 …続きを読む
    ポップ
    2020年05月03日
    37人がナイス!しています
  • 森さん新訳。いつだってまたみんなにあえる。それはとても素敵な事。 森さん新訳。いつだってまたみんなにあえる。それはとても素敵な事。
    葵@晴読雨読
    2019年02月28日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品