東京レイヴンズ (14)

アニメ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
212
ISBN:
9784041053409

アニメ化作品

東京レイヴンズ (14)

  • 著者 鈴見 敦
  • 原作 あざの 耕平
  • キャラクター原案 すみ兵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
212
ISBN:
9784041053409

夜光としての力を覚醒させた春虎。だがその代償はあまりにも大きく…!?

花火大会の夜、ついに北斗の正体に気付く春虎。だがそこに現れた多軌子により、春虎は『鴉羽』に憑かれ暴走を始めてしまう。春虎を助けるため奮闘する夏目達。その先には、あまりにも残酷な悲劇が待ち構えていた…。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「東京レイヴンズ (14)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ここらへんのいろいろと真相が逆転していく展開は、原作でも印象が強くて、構想の練り込みに感心した覚えがある。しかもシチュエーションを追い込んで盛り上がってきた。漫画版は次巻で完結なので、期待しよう。 ここらへんのいろいろと真相が逆転していく展開は、原作でも印象が強くて、構想の練り込みに感心した覚えがある。しかもシチュエーションを追い込んで盛り上がってきた。漫画版は次巻で完結なので、期待しよう。
    海猫
    2019年10月30日
    38人がナイス!しています
  • いよいよ最終章らしい展開になってきた。次巻で最終巻らしいので、少し寂しい気がするが、ここまで付き合ってきてよかった。第2章も描いてほしいが、どうなるのだろうか。春虎達の戦いをこれまで漫画で見てきて、成 いよいよ最終章らしい展開になってきた。次巻で最終巻らしいので、少し寂しい気がするが、ここまで付き合ってきてよかった。第2章も描いてほしいが、どうなるのだろうか。春虎達の戦いをこれまで漫画で見てきて、成長していく姿がとても印象に残っている。漫画独特の表現で東京レイヴンズの世界を堪能できた。絵が綺麗で見やすかったので、とても満足。次巻に期待。 …続きを読む
    レリナ
    2017年02月28日
    8人がナイス!しています
  • この物語については沢山の方々が原作や漫画について語ってくれているので、あえて一言。面白すぎる。 この物語については沢山の方々が原作や漫画について語ってくれているので、あえて一言。面白すぎる。
    Merino
    2018年07月07日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品