東京の子

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041052679
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

東京の子

  • 著者 藤井 太洋
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月08日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041052679

この小説は、これから「’20年代」を 生き抜いていく我々の希望になる。

東京オリンピックの熱狂は終わった。 これからみんな、搾取されて生きていくのかもしれない。 モラルも理想もすっからかんになったこの国だけど、 僕たちは自分の足で、毎日を駆け抜けていくんだ。


メディアミックス情報

NEWS

「東京の子」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。東京オリンピック後の東京。外国人問題など現実味あるお話。ただなにかぐっとくるものがなく、嵌まらなかった。すいませんが。 図書館本。東京オリンピック後の東京。外国人問題など現実味あるお話。ただなにかぐっとくるものがなく、嵌まらなかった。すいませんが。
    ナイスネイチャ
    2019年04月04日
    116人がナイス!しています
  • 藤井大洋さん、初読み。オリンピック後の2023年の東京が舞台。オリンピック跡地に生まれた理想の大学「東京デュアル」、ベトナム人のスタッフが告発した「人身売買」の意味するもの。今の日本が抱える奨学金や働 藤井大洋さん、初読み。オリンピック後の2023年の東京が舞台。オリンピック跡地に生まれた理想の大学「東京デュアル」、ベトナム人のスタッフが告発した「人身売買」の意味するもの。今の日本が抱える奨学金や働き方の問題やネットにさらされた個人情報の闇。ラストは明るいので読後は爽やかでした。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2019年03月17日
    74人がナイス!しています
  • 読んでいる間ずっと静かな高揚感に包まれていた。著者は今の時代の流れを読み、少し先の空気感を表現するのが巧い。ガジェットを用いるのはもちろん、それ以上にシステム面(施策)での大胆な発想(それも非現実的で 読んでいる間ずっと静かな高揚感に包まれていた。著者は今の時代の流れを読み、少し先の空気感を表現するのが巧い。ガジェットを用いるのはもちろん、それ以上にシステム面(施策)での大胆な発想(それも非現実的でない)を打ち上げてくる。五輪後の東京を生きる主人公・仮部は移民法が施行(実際にも間もなく)され急増した外国人労働者の追跡者。ある事情で名前を捨てた彼は自身をパルクールで鍛えた己の体でしか承認できない。縦横無尽に東京の街を駆け抜ける彼が求めたのは・・。既存の労働問題をこんなかっこいい物語で綴るなんて素敵すぎる。 …続きを読む
    buchipanda3
    2019年02月17日
    70人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

藤井 太洋(ふじい たいよう)

1971年生まれ。2014年に発表した『オービタル・クラウド』で日本SF大賞、星雲賞を受賞。

最近チェックした商品