光炎のウィザード 運命は千変万化 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年12月01日
商品形態:
電子書籍

光炎のウィザード 運命は千変万化

  • 著者 喜多 みどり
  • イラスト 宮城 とおこ
発売日:
2016年12月01日
商品形態:
電子書籍

クライマックス直前! 〈キツネ〉との最後の対決へ――!!

「極地で」。そう言ってリティーヤの前から姿を消した《キツネ》。リティーヤは彼を追い、《学園》の特別編成チームとともに魔力の嵐が渦巻く極地の遺跡へと向かう。だけど、《キツネ》をめぐってお師匠ヤムセがリティーヤに剣を向けてから、ずっと気まずい師弟関係が続いていて…? リティーヤにとっては命の恩人、ヤムセにとっては宿敵の《キツネ》との最後の対決へ――クライマックス直前、全ての運命が動き出す第9巻!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「光炎のウィザード 運命は千変万化」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • リティーヤとヤムセの微妙な溝にゼストガが注意するが、ヤムセは深く考えずにいる。リティーヤは虹色さん=ヤムセという考えに確信を持ちヤムセとキツネの争いを仲裁。遠征でキツネ捕獲など失敗したリティーヤは魔導 リティーヤとヤムセの微妙な溝にゼストガが注意するが、ヤムセは深く考えずにいる。リティーヤは虹色さん=ヤムセという考えに確信を持ちヤムセとキツネの争いを仲裁。遠征でキツネ捕獲など失敗したリティーヤは魔導書調査委員会に身柄を預けられるからきっとモルモット扱い。ヤムセは学園追放という立場に。ヤムセの見送りに来たリティーヤを前にヤムセは自分の気持ちに気づいて列車に一緒に連れ込んだところで終了。これは駆け落ちか誘拐か?ゼストガは誘拐に、テヨル達は駆け落ちと思って楽しんでいそう。 …続きを読む
    まりもん
    2011年11月20日
    10人がナイス!しています
  • 互いの身体から沁み入る熱は孤独に震える凍てついた心臓おもゆっくりと溶かしていった◆リティーヤとヤムセはまさに一心同体!(笑)彼らはもう感情がどうこうではなく、強く惹きあうとてつもない力がお互いが必要だ 互いの身体から沁み入る熱は孤独に震える凍てついた心臓おもゆっくりと溶かしていった◆リティーヤとヤムセはまさに一心同体!(笑)彼らはもう感情がどうこうではなく、強く惹きあうとてつもない力がお互いが必要だと悲鳴を上げさせてるレベルなんじゃないかと。リティーヤの想いを理解する(あの胸打つシーン)前と後でのあのヤムセの態度の変化…せんせ!!しっかり余裕を取り戻しましたねとにやり。キツネってまだ出てくるよね…?彼のことやっと好きになれたばかりなのに…。いやいやゼストガ…あれはどう見ても愛の駆け落ちじゃないかっ(笑) …続きを読む
    花野
    2012年01月17日
    7人がナイス!しています
  • ショックばかりの連続でした。敵が強いよー。それに、キツネがせっかく良い方向に進めようとしていたのに。そして、主人公は、かっさらわれていくという。あれ?ヤムセさん、主人公がやはりお気に入りなのですか?( ショックばかりの連続でした。敵が強いよー。それに、キツネがせっかく良い方向に進めようとしていたのに。そして、主人公は、かっさらわれていくという。あれ?ヤムセさん、主人公がやはりお気に入りなのですか?(笑)。 …続きを読む
    凍矢
    2016年08月08日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品