映画化作品

角川文庫(海外)

ダークタワー VI スザンナの歌 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041049723
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

映画化作品

角川文庫(海外)

ダークタワー VI スザンナの歌 下

  • 著者 スティーヴン・キング
  • 訳 風間 賢二
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041049723

ついに〈暗黒の塔〉にいたる本当の道を見つけたローランドたちを絶望が襲う

スザンナの行方を案じて焦燥に駆られる〈カ・テット〉たち。ジェイクとキャラハン神父は彼女とミーアのあとを追うべく、1999年のニューヨークへ転移するが、そこにはとてつもない危機が待ち受けていた。

メディアミックス情報

NEWS

「ダークタワー VI スザンナの歌 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これまでの物語のカラクリの断片が提示されていく本作ですが、なんかクライマックス一直線って感じですね。結局、メンバーが集合することなく終了してしまうとは....「荒地」と同様に終わり方がずるいです。w  これまでの物語のカラクリの断片が提示されていく本作ですが、なんかクライマックス一直線って感じですね。結局、メンバーが集合することなく終了してしまうとは....「荒地」と同様に終わり方がずるいです。w メタな展開も楽しいですが、最終巻に行く前に「アトランティス~」に寄り道していきます! …続きを読む
    Small World
    2018年01月31日
    29人がナイス!しています
  • スザンナとミーアの出産。ミーアも可哀想。最後の日記は反則…。面白いけどね。 スザンナとミーアの出産。ミーアも可哀想。最後の日記は反則…。面白いけどね。
    てんつく
    2018年03月27日
    10人がナイス!しています
  • 作者本人が登場する衝撃的な巻。エピローグの作者の日記がなかなか面白い。現実と嘘が巧みに混ざり合って、境界線があやふやになっている感じが、『プリンセス・ブライド』の序文みたいで楽しい。こういうメタフィク 作者本人が登場する衝撃的な巻。エピローグの作者の日記がなかなか面白い。現実と嘘が巧みに混ざり合って、境界線があやふやになっている感じが、『プリンセス・ブライド』の序文みたいで楽しい。こういうメタフィクション好きだな~。あと訳者あとがきに載っている解説と年表が、作品を理解するうえで大いに役に立った。訳者あとがきはつまらないことが多くて、いつもは読み飛ばしちゃうんだけど、今回はじっくり読んでしまった。 …続きを読む
    原付野郎
    2017年10月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品