試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041049518

いぬの日

  • 著者 倉狩 聡
  • カバーイラスト 西島 大介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041049518

デビュー作にして大ヒット作『かにみそ』をしのぐ問題作、待望の文庫化!

わたしの名前はヒメ。家族はわたしを「犬」って言う。
でも「犬」って何? 

飼い主一家に愛されず、孤独をかみしめるスピッツ犬のヒメ。
流星群の夜、不思議な石を舐めて驚くほどの知能と人の言葉を得た彼女は、
一家の末っ子、雅史を支配下に置いて……。

飼い犬たちの暴走、町に響く遠吠え、巨大な犬の影、
そして続発する猟奇殺人。
史上最高にキュートでおぞましい「犬のカリスマ」ヒメ登場。
彼女が命を懸けて欲したものとは。

蟹と人との「泣けるホラー」が話題となった著者が、同じ世界感で描く、
犬と人との「泣けるホラー」。

犬を飼ったことのある貴方、そしていつか犬を飼うかもしれない貴方に読んで欲しい一冊。

もくじ

目次
はじまりは、遠吠え
されど犬の日々 
犬たちの災厄 
今日はいぬの日
さよならの、遠吠え

解説 瀧井朝世

メディアミックス情報

NEWS

「いぬの日」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み友さんに教えて貰った作家さん。前作『かにみそ』と同軸な世界で起きた人語を話すいぬのお話し。ペットと人との関わりの、癒しと庇護という幸せな共存を、目を背けてはならない放棄と虐待という現実を、善意と悪 読み友さんに教えて貰った作家さん。前作『かにみそ』と同軸な世界で起きた人語を話すいぬのお話し。ペットと人との関わりの、癒しと庇護という幸せな共存を、目を背けてはならない放棄と虐待という現実を、善意と悪意を、愛おしさと淋しさを、煌びやかな流星雨で始まるこの物語の中に怖さとやり場の無い切なさをもって描いた作家さん、『かにみそ』同様その感性はとても素晴らしいです。こういう作家さんに出会えるのも読み友さん達のおかげです。本当に有難い事です。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2018年05月25日
    96人がナイス!しています
  • いつの頃からか、街中で野良犬って見なくなったかも?その理由は考えないようにしていたけど、結局そういうことなんですよね…。私は小さい頃犬に咬まれたことがあって、いまだにちょっと怖いのだけど、この本を読了 いつの頃からか、街中で野良犬って見なくなったかも?その理由は考えないようにしていたけど、結局そういうことなんですよね…。私は小さい頃犬に咬まれたことがあって、いまだにちょっと怖いのだけど、この本を読了した今、やっぱりどんなに小さくて可愛い犬であっても飼う自信が無いし、そう思う人は、絶対ペットを飼っちゃいけないなと。前作「かにみそ」もかなりホラーだったけど、「いぬの日」は更にじわ~っと怖いです。こんなサバイバルゲームが現実に起こらないことを祈ります。★★★★★ …続きを読む
    いろは
    2018年10月27日
    52人がナイス!しています
  • 流星に打たれた生物が人の言葉を話すようになり、、という設定で書かれる倉狩聡のホラーシリーズ。今回は虐待されている飼い犬。犬が家族に復讐を始める前半と、街に出て群れを作り人間を襲いだす後半。二つの話を上 流星に打たれた生物が人の言葉を話すようになり、、という設定で書かれる倉狩聡のホラーシリーズ。今回は虐待されている飼い犬。犬が家族に復讐を始める前半と、街に出て群れを作り人間を襲いだす後半。二つの話を上手く繋げている所は上手さを感じました。主人公?のヒメは可愛い。最近中々いない素晴らしいダークヒロインっぷりでした。 …続きを読む
    hnzwd
    2017年01月19日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品