不義 刃鉄の人 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年12月22日
商品形態:
電子書籍

不義 刃鉄の人

  • 著者 辻堂魁
発売日:
2016年12月22日
商品形態:
電子書籍

赤穂浪人の刀に秘された意外な真実とは。「刃鉄の人」シリーズ第2弾!

赤穂浪士が依頼した一振りの打刀。

だが四十七士の中に、依頼した男の名は無かった――。
国包が見た”武士の不義”の真実とは。


武士の身分を捨て、刀に向き合うことを選んだ孤高の刀鍛冶、一戸前国包(いっこまえくにかね)。
彼の鍛冶場に、若い女が訪ねてきた。女は、川井太助という男が国包に注文した打刀を、自ら届けたいのだという。
実は川井は、吉良邸討ち入り前日に失踪した赤穂浪士の一人であり、刀は討ち入り半月前に注文されたものだった。
国包は事情を察し川井の行方を探るが、一方で本家を通じ、ある武士を斬ってくれとの依頼が……。
武士の矜持を描く、大好評の時代小説シリーズ第2弾。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不義 刃鉄の人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 赤穂浪士討ち入りの詳細な描写から始まる。討ち入り数日前に国包に刀の研ぎを依頼した若い武士は刀を受け取りに来ないまま1年が過ぎ、苦界に身を落とした川井の妻・由良が国包を訪れる。武士の正体は前日に脱盟した 赤穂浪士討ち入りの詳細な描写から始まる。討ち入り数日前に国包に刀の研ぎを依頼した若い武士は刀を受け取りに来ないまま1年が過ぎ、苦界に身を落とした川井の妻・由良が国包を訪れる。武士の正体は前日に脱盟した川井太助だった。一方、米沢藩上杉家では吉良邸警護と並行して赤穂浪士の動向を探るために選ばれた山陰甚左は川井に接近し、討ち入り実行の日を聞き出す。討ち入り直前に脱盟した川井のすさんだ生活と討ち入りを防がず逃亡した山陰のその後の行動は一言でいえば「不義不忠」だが、その根底に流れる人の弱さを理解する国包であった。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2020年04月20日
    64人がナイス!しています
  • いきなり吉良邸討ち入りから始まった。忠義の物語が抱える残酷さが丁寧に描かれている。一戸前国包の日常が丁寧に書かれているのも好きだ。太助にしても甚左にしても一門の名誉や忠義を押し付ける人たちに逆らえない いきなり吉良邸討ち入りから始まった。忠義の物語が抱える残酷さが丁寧に描かれている。一戸前国包の日常が丁寧に書かれているのも好きだ。太助にしても甚左にしても一門の名誉や忠義を押し付ける人たちに逆らえない立場なのが悲しい。 …続きを読む
    真理そら
    2018年03月30日
    18人がナイス!しています
  • 【図書館】「刃金の人」第2弾!今回は「忠臣蔵」誰もが知っている討ち入り事件の裏側から光を当てる。一本の刀を依頼され作刀するが、依頼者が引き取りに来ない。一年後、見知らぬ女が代金を払い依頼者に届けたいの 【図書館】「刃金の人」第2弾!今回は「忠臣蔵」誰もが知っている討ち入り事件の裏側から光を当てる。一本の刀を依頼され作刀するが、依頼者が引き取りに来ない。一年後、見知らぬ女が代金を払い依頼者に届けたいので詳細を知りたいと庵を訪ねて来るが・・・運命のいたずらか、巻き込まれる国包。そこには「忠臣蔵」の討ち入りする側、される側の、事情があり脱盟する男たちの悲明があった。どちらにも関わってしまった国包、武士としての矜持とは。あの時そうしていればと過るが、それさえも許されぬ武士の悲哀。国包の刀の切れ味が鋭い。不義とは …続きを読む
    ぶんぶん
    2019年09月20日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品