刃鉄の人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041040249

刃鉄の人

  • 著者 辻堂魁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041040249

己の性根に従って生きる孤高の刀鍛冶、一戸前国包、見参!

『風の市兵衛』の著者入魂! 書き下ろし時代小説、新シリーズ開幕!

鍛え抜かれた刃鉄のように純粋で強靱な、
孤高の刀鍛冶・一戸前国包、見参!

時は元禄。
一戸前国包は京橋南の弓町で刀鍛冶を営み評判を呼んでいた。
家宝の刀に魅せられて以来、武士の身分を捨て刀鍛冶に心血を注いできたが、ある時、本家を通じて老中格・柳沢吉保の配下から密命が下る。
武蔵川越領で村人を斬殺した旗本の子弟を斬ってほしい、と。
「天稟の素質」と言われた神陰流の達人である国包の下した決断は――。
孤高にして矜恃を失わぬ男の熱き生き様が胸を打つ、書き下ろし新シリーズ第一弾! 解説・北上次郎


「もしいま、書店でこの文庫本を手にとって迷っているなら、『ちょっと面白いよ』と、あなたの耳元で囁きたい。ただいま、そんな気分である。」(解説より)
――文芸評論家 北上次郎氏


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「刃鉄の人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 刃鉄の人1巻。物語は1615年大阪城落城の終わりに大阪郊外で始まるが一気に元禄へ、主人公一戸前国包は刀鍛冶ではあるが、元は武士剣技の才あり。 突然刺客の依頼が、刀鍛冶と刺客何故かスッキリしないが、剣劇 刃鉄の人1巻。物語は1615年大阪城落城の終わりに大阪郊外で始まるが一気に元禄へ、主人公一戸前国包は刀鍛冶ではあるが、元は武士剣技の才あり。 突然刺客の依頼が、刀鍛冶と刺客何故かスッキリしないが、剣劇シーンはさすが迫力ありでした。 …続きを読む
    とし
    2017年02月06日
    64人がナイス!しています
  • 【図書館】「決闘・鍵屋の辻」と「十三人の刺客」を合わせたような作品。 辻堂魁の物語は読んでいる方だが、刀鍛冶と刺客(剣客)が、どうしてもマッチしない。 どっちにウエイトを置くかで物語性が変ってしまう。 【図書館】「決闘・鍵屋の辻」と「十三人の刺客」を合わせたような作品。 辻堂魁の物語は読んでいる方だが、刀鍛冶と刺客(剣客)が、どうしてもマッチしない。 どっちにウエイトを置くかで物語性が変ってしまう。 シリーズ化するのだろうか?  …続きを読む
    ぶんぶん
    2016年07月17日
    9人がナイス!しています
  • 時は元禄、武士の身分を捨て刀鍛冶になった一戸前国包に、本家から武蔵川越領で村人を惨殺した旗本を斬って欲しいと密命が下る。亡き祖父から受け継いだ名刀と共に矜侍をも受け継ぐ国包と千野親子、黙って従う十蔵・ 時は元禄、武士の身分を捨て刀鍛冶になった一戸前国包に、本家から武蔵川越領で村人を惨殺した旗本を斬って欲しいと密命が下る。亡き祖父から受け継いだ名刀と共に矜侍をも受け継ぐ国包と千野親子、黙って従う十蔵・清順親子の関係にじ~んときた。シリーズ化して千野と清順が夫婦になる様子も見てみたい。 …続きを読む
    天笑院たか姫
    2016年07月26日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品