三頭の虎はひとつの山に棲めない 日中韓、英国人が旅して考えた

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784041048351

三頭の虎はひとつの山に棲めない 日中韓、英国人が旅して考えた

  • 著者 マイケル・ブース
  • 訳 永峯 涼
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784041048351

イギリス人の僕は、ずっと疑問だった日中韓の奇妙な関係を探ろうと思った

東アジアの国々は、なぜ良好な関係を築けないのだろうか? 
日本・韓国・中国間の確執は一体どれほど根が深く、そしてなぜ今日まで続いているのだろうか? 
これらアジアの三虎の和平を妨害する事で、誰が利益を得ているのだろう? 

これらの問いをきっかけにして、私は大人になってからずっと魅了され続けてきた地域を巡る旅に出たのだった。
(「プロローグ」より)

横浜から始まり、奈良・京都・大阪・広島を経て、福岡へ。
在日コリアンの人たちと話し、戦争の博物館を見て回る。
福岡から船で釜山へ渡り、木浦・扶安・光州・ソウル・保寧を通り、軍事境界線を見て仁川へ。
美容整形に挑戦し、戦争の証言者たちの話を聞く。
仁川からふたたび船でハルビンへ渡り、北京・曲阜・南京・上海、そして香港、中華台北。
孔子の生まれ故郷を訪れ、転換の時にある香港や台湾の若者たちと語り合った。

東京へ帰ってきたとき、ひとつの結論と、未来が見えてきた。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「三頭の虎はひとつの山に棲めない 日中韓、英国人が旅して考えた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 英国一家シリーズが230万部も売れたのは、フードライターとしてみんなが知る食をテーマにしたからだろう。歴史を含めよく勉強しているとは思うが、愛憎が複雑に絡む日本、韓国、中国(台湾含む)を順に訪れてキー 英国一家シリーズが230万部も売れたのは、フードライターとしてみんなが知る食をテーマにしたからだろう。歴史を含めよく勉強しているとは思うが、愛憎が複雑に絡む日本、韓国、中国(台湾含む)を順に訪れてキーマンとなる人物や市井の人々にインタビューを繰り返しながらその関係性を論じているが、如何なものか?日本が大好きで通算10回も来日しているというが、それでどこまで政治的本質に迫れたのかは疑問。未来につながる提言もあったが、あなたに靖国神社や朝鮮総連、南京虐殺の問題を教えられなくても結構です、と思ったのは私だけか? …続きを読む
    yyrn
    2020年12月27日
    21人がナイス!しています
  • 月一のタブロイド判に載ってるエッセイが楽しみな食に貪欲なイギリス人エッセイストさんの日中韓(+台湾)旅行観察記。冒頭で浦賀に米国人がやってきて日本の鎖国が終わったことで、20世紀半ばまでの面倒くさい一 月一のタブロイド判に載ってるエッセイが楽しみな食に貪欲なイギリス人エッセイストさんの日中韓(+台湾)旅行観察記。冒頭で浦賀に米国人がやってきて日本の鎖国が終わったことで、20世紀半ばまでの面倒くさい一連の流れが起こったのでは?という考えに「うーん?」と思っていたのだが、著者が香港で「米国人ではなく英国人が中国大陸にやってきた方が間違いだった」と言い出して納得。開国後の日本があれだけ欧米列強を真似した理由の一つは確かにアヘン戦争だろうなぁ。台湾と韓国の微妙な関係というのも面白かったです。 …続きを読む
    鴇々
    2020年11月17日
    5人がナイス!しています
  • 日本、韓国、中国、香港、台湾をめぐり近現代における日中韓の関係と歴史、確執について考察している。領土問題、抗議運動、戦争犯罪と謝罪。横浜中華街、在日コリアン、靖国問題、反日、慰安婦、南京大虐殺、七三一 日本、韓国、中国、香港、台湾をめぐり近現代における日中韓の関係と歴史、確執について考察している。領土問題、抗議運動、戦争犯罪と謝罪。横浜中華街、在日コリアン、靖国問題、反日、慰安婦、南京大虐殺、七三一部隊、韓流、儒教、北朝鮮……。様々な立場の人物に取材し、幅広い意見を掲載している。参考文献表記なし。『英国一家、日本を食べる』。 …続きを読む
    さくは
    2020年11月05日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品