試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月08日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
194
ISBN:
9784048922920

絶対ナル孤独者2

  • 作画 越水 ナオキ
  • 原作 川原 礫
  • キャラクターデザイン シメジ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月08日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
194
ISBN:
9784048922920

大切な姉を護るため、少年は巨悪と対峙する……!

ソードアート・オンラインの川原礫による新世代異能力バトル第2巻! 何物をも噛み砕くバイターの能力と、何物をも遮断するミノルの能力。最強の矛と盾の戦いの勝者は――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「絶対ナル孤独者2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1巻読んだ時点で、咀嚼者は狼なんだと思ってた。鮫だった。 1巻読んだ時点で、咀嚼者は狼なんだと思ってた。鮫だった。
    exsoy
    2020年05月09日
    34人がナイス!しています
  • ★★★★☆原作1巻咀嚼者編の後編。やはり作画が安定しているので安心して読み進められた。原作に忠実に咀嚼者の人間性やバックボーンも描いているため、コミカライズとしては満点ではないだろうか。 ★★★★☆原作1巻咀嚼者編の後編。やはり作画が安定しているので安心して読み進められた。原作に忠実に咀嚼者の人間性やバックボーンも描いているため、コミカライズとしては満点ではないだろうか。
    わたー
    2018年03月10日
    12人がナイス!しています
  • 面白い。バイターとの最終決戦。スピード感溢れるバトルシーンが印象的だった。主人公が自分の能力を駆使して戦うところがかっこよかった。バイターのしつこさには舌を巻いた。主人公が敵と戦うために決意したシーン 面白い。バイターとの最終決戦。スピード感溢れるバトルシーンが印象的だった。主人公が自分の能力を駆使して戦うところがかっこよかった。バイターのしつこさには舌を巻いた。主人公が敵と戦うために決意したシーンはところは印象的。次巻でどのような展開になるのか、楽しみ。バイターも魅力的な敵キャラだったが、次の敵はどんな魅力を兼ね備えたキャラでどんな能力を持っているのか、次巻で明らかになると思うので、ワクワクする。次巻に期待。 …続きを読む
    レリナ
    2016年10月13日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品