僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041044995

僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに

  • 著者 二村 ヒトシ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041044995

AV監督、少女マンガと格闘する!

「モテ」と「性」の伝道師、二村ヒトシが大島弓子、美内すずえなど往年の名作マンガを読み解き、遂には愛に目覚める!?愛し愛されて生きるためのヒントをAV監督と探っていく画期的な書。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第1章
恋愛依存とは何か? 竹宮惠子『風と木の詩』

第2章
現実とは何か? 紡木たく『ホットロード』

第3章
セックスは重要なのか? 川原泉『メイプル戦記』 その他の作品

第4章
愛とは何か(自意識とは何か)? 山岸凉子『日出処の天子』

第5章
猫とは何か(性別とは何か)? 大島弓子『綿の国星』

第6章
なぜ恋で苦しむのか? 吉野朔実『少年は荒野をめざす』

第7章
「がんばる」とは何か? 美内すずえ『ガラスの仮面』

メディアミックス情報

NEWS

「僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 全ての作品を読みたくなった。 読んだ上で、もう一度じっくりこの二村ヒトシ氏によるレビューを読み返し、それらを合わせた自分なりのレビューを書きたい。 全ての作品を読みたくなった。 読んだ上で、もう一度じっくりこの二村ヒトシ氏によるレビューを読み返し、それらを合わせた自分なりのレビューを書きたい。
    新政(あらまさ)
    2017年09月29日
    22人がナイス!しています
  • そもそもわからないもの。それをただ認める。欲しがらず。、 そもそもわからないもの。それをただ認める。欲しがらず。、
    おさと
    2018年01月03日
    7人がナイス!しています
  • 少女漫画クラシックスの考察。内容は社会学や精神分析に近い(両方とも詳しくないけど)。しばしば「恋は利己的な独り相撲でロクな結末にならない」という前向きな諦観を感じる。前向きなのは、恋の過程で精神がおか 少女漫画クラシックスの考察。内容は社会学や精神分析に近い(両方とも詳しくないけど)。しばしば「恋は利己的な独り相撲でロクな結末にならない」という前向きな諦観を感じる。前向きなのは、恋の過程で精神がおかしくなりつつも、他者の存在を知り、結果として愛を知るからである。綿の国星への考察では「社会的な役割を負担に思う時、人は異性の子猫を心の奥に飼う」と議論する。リアリストの多い英国(個人的偏見)で良質なファンタジーが発展するようなものか。ここ数年の私の中での変化の謎が氷解した。筆者は私の見えてない景色が見えてる。 …続きを読む
    gachin
    2018年06月23日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品