入り婿侍商い帖 出仕秘命(一)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041044704

入り婿侍商い帖 出仕秘命(一)

  • 著者 千野 隆司
  • イラスト 浅野 隆広
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041044704

米屋の入り婿・角次郎、実家に出戻り武士となる?!

旗本家次男の角次郎は縁あって米屋の大黒屋に入り婿した。ある日、実家の五月女家を継いでいた兄が不審死を遂げる。御家存続と兄の死の謎解明のため、角次郎は実家に戻って家を継ぎ、武士となるが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「入り婿侍商い帖 出仕秘命(一)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ7巻目。兄の死の無念を晴らすため五月女家に戻り真相を探る角次郎。ちょっとうまく出来すぎじゃありませんか?善兵衛さんが大黒屋や角次郎の心配をして不安を隠せない様子が一番リアリティがある。これは私 シリーズ7巻目。兄の死の無念を晴らすため五月女家に戻り真相を探る角次郎。ちょっとうまく出来すぎじゃありませんか?善兵衛さんが大黒屋や角次郎の心配をして不安を隠せない様子が一番リアリティがある。これは私が年取ったせいなのか?カバーイラストの絵がイマイチ好きになれない。 …続きを読む
    えむ女
    2017年07月14日
    45人がナイス!しています
  • 商人として順調な人生を歩んでいたが、兄一家の不幸が角次郎を侍に戻す事になる。さあどうなる、大黒屋と五月女家。 商人として順調な人生を歩んでいたが、兄一家の不幸が角次郎を侍に戻す事になる。さあどうなる、大黒屋と五月女家。
    ベルるるる
    2017年03月20日
    24人がナイス!しています
  • 商人になったり侍になったり大変だな。桐生、館林と東北道でおなじみの場所。親しみ深い 商人になったり侍になったり大変だな。桐生、館林と東北道でおなじみの場所。親しみ深い
    rokoroko
    2017年07月29日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品