角川文庫

踊る男

ブラックユーモアの最高峰! ひと駅分の面白さ。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041044605
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

踊る男

ブラックユーモアの最高峰! ひと駅分の面白さ。

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041044605

ブラックユーモアの最高峰! ひと駅分の面白さ。

突然踊り出すが、自分の行動を全く憶えていないという男。しかしある日、死体で発見され、一人暮らしの部屋には無数の壊れた人形が散らばっていた。表題作ほか傑作ショートショート33編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「踊る男」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 名手赤川次郎の5ページくらいまでの作品を集めたショートショート。20年前くらいの作品が多いですが、ブラックなんかは現代にも通じるセンスかな。。流石に時代を感じるものもありますが。赤川さんは御三家の中で 名手赤川次郎の5ページくらいまでの作品を集めたショートショート。20年前くらいの作品が多いですが、ブラックなんかは現代にも通じるセンスかな。。流石に時代を感じるものもありますが。赤川さんは御三家の中でも初期西村に次ぐレベルの作品をコンスタントに出し続けてるイメージ。ミステリ好きとしてはあまりにも当たり前過ぎて、でも実は凄いんじゃないか、、と思ってしまう作家なのでした。 …続きを読む
    hnzwd
    2017年09月26日
    36人がナイス!しています
  • 34のお話収録のSS集。赤川次郎さんのSS集を読むのは確か4冊目だけど、これ結構好きかも。特に全ての話がバーへ入って行った僕といつもの席に座っている彼、で始まる一部が面白かった。 34のお話収録のSS集。赤川次郎さんのSS集を読むのは確か4冊目だけど、これ結構好きかも。特に全ての話がバーへ入って行った僕といつもの席に座っている彼、で始まる一部が面白かった。
    coco夏ko10角
    2017年05月21日
    20人がナイス!しています
  • あんまりこの著者の作品は読んだ事ないのですが、ショートショートと言う事で読んでみました。星新一さんに近いものもあるのだけど、ガツンと来るものがなく、移動中にちょうどよい感じ。 あんまりこの著者の作品は読んだ事ないのですが、ショートショートと言う事で読んでみました。星新一さんに近いものもあるのだけど、ガツンと来るものがなく、移動中にちょうどよい感じ。
    nyanlay
    2017年02月06日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

赤川 次郎(あかがわ・じろう)

一九四八年、福岡県生まれ。七六年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズ他、『セーラー服と機関銃』『ふたり』など著書多数。二〇〇六年、第9回日本ミステリー文学大賞、一六年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

最近チェックした商品