角川文庫

真紅の人 新説・真田戦記

「真田丸」の戦いの新たな歴史が刻まれる。著者渾身の長篇歴史小説。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041043639
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

真紅の人 新説・真田戦記

「真田丸」の戦いの新たな歴史が刻まれる。著者渾身の長篇歴史小説。

  • 著者 蒲原 二郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041043639

「真田丸」の戦いの新たな歴史が刻まれる。著者渾身の長篇歴史小説。

一六一四年、鳶田の貧しい村で育った佐助は、己に課せられた宿命を果たすため、村を出る決意をした。だが彼は、その時「真田丸」で待ち受ける過酷な運命を知るよしもなかった──。驚愕の新説が展開される歴史小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「真紅の人 新説・真田戦記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 徳川に家族を惨殺された佐助は、久蔵を助けた縁から真田信繁と知り合い、真田組の一員として大坂夏の陣・冬の陣に参加する。解説によれば徹底的な調査と取材の上で書かれた作品との事で、諸所で俗説とは異なる説を積 徳川に家族を惨殺された佐助は、久蔵を助けた縁から真田信繁と知り合い、真田組の一員として大坂夏の陣・冬の陣に参加する。解説によれば徹底的な調査と取材の上で書かれた作品との事で、諸所で俗説とは異なる説を積み重ね、確かにこれまでに読んだ真田丸関係の小説とは、ちょっと異なる雰囲気の作品になっている。終章のどんでん返し(?)がとても良かった。 …続きを読む
    木賊
    2017年09月30日
    13人がナイス!しています
  • 悲壮美のある英雄物語と、土俗的な風俗の描写と、血生臭い戦いのシーンがそれぞれを際立たせていた。最新の研究成果をふまえた上でここまで面白く仕上げたのはすごい。巻末の平山優氏の解説も良かった。 悲壮美のある英雄物語と、土俗的な風俗の描写と、血生臭い戦いのシーンがそれぞれを際立たせていた。最新の研究成果をふまえた上でここまで面白く仕上げたのはすごい。巻末の平山優氏の解説も良かった。
    やま
    2016年12月28日
    2人がナイス!しています
  • 本の帯にもあるように全く新しい大坂の陣を描いた作品。主人公は佐助という人物。しかし、皆さんが1番に想像する、忍者猿飛佐助とは別人であり、関ヶ原で活躍したある有名な大名の息子。父や母の仇を討つために大坂 本の帯にもあるように全く新しい大坂の陣を描いた作品。主人公は佐助という人物。しかし、皆さんが1番に想像する、忍者猿飛佐助とは別人であり、関ヶ原で活躍したある有名な大名の息子。父や母の仇を討つために大坂城に入城し、信繁や大助とともに奮戦、いろいろな登場人物と助けあい時にはぶつかりながらも成長していく。序章は大坂の陣から三年後の陸奥の国から始まりますが、がっつり物語にひきこまれました。最後の終章まで読み進めた時には鳥肌が立ち、涙がでました。 …続きを読む
    げんしん
    2016年07月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品