男色大鑑-武士編- 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年05月14日
商品形態:
電子書籍

男色大鑑-武士編-

  • 原作 井原 西鶴
発売日:
2016年05月14日
商品形態:
電子書籍

今の世にこそ問いたい、「衆道」――その壮烈な愛のかたち。

井原西鶴が男色をテーマに描いた傑作短編小説集が今、BL漫画として現代に蘇る。本武士編では、面目や意気地のためには、命を捨てて顧みない武士たちの悲壮な恋を描く。 一人の美しい若衆をめぐって、朋輩の武士たちが恋のさや当て。殿様が寵愛する美童に、家臣が決死の横恋慕。恋の道を貫くために、命をかけて愛し合う、男たちの生き様をご覧あれ!! ≪執筆陣≫装画:ZAKK/オトノアヲ/雁皮郎/九州男児/黒井つむじ/時東穹生/眞山りか/宮木りえ 解説:敬愛大学教授 畑中千晶

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「男色大鑑-武士編-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最高! 艶だけでなく凄惨、情念も深くほぼ怪談。嬲りころする袖の雪とか嗜虐ものが特に良い。時代背景押さえ「前髪」ある無しで変わってしまう時分の花と丁寧に教える研究者解説が一番面白かった。原作読んでないこ 最高! 艶だけでなく凄惨、情念も深くほぼ怪談。嬲りころする袖の雪とか嗜虐ものが特に良い。時代背景押さえ「前髪」ある無しで変わってしまう時分の花と丁寧に教える研究者解説が一番面白かった。原作読んでないこと後悔、大学で日本永代蔵学んだけどなぜ色事もの読まなかったのか! 初めて見た松田龍平はまさに『御法度』衆道の対象大騒ぎ、時分の花だったが『殿、利息でござる』でいい演技してた。花は羽生結弦だが元服しており勝手に倒錯感…。確かに美少年も月代でガラリと変わる。男色大鑑が、海外真っ先評価てのも判るなぁ同性愛共存 …続きを読む
    澤水月
    2016年05月18日
    34人がナイス!しています
  • 良かった。巻末の解説も、無知な私が汲み取りきれなかった意味や当時の決まり事を補完してくれてありがたかった。知識として、稚児趣味というか兄分系の衆道は元服までで、元服したらその子もまた誰かの兄分となる的 良かった。巻末の解説も、無知な私が汲み取りきれなかった意味や当時の決まり事を補完してくれてありがたかった。知識として、稚児趣味というか兄分系の衆道は元服までで、元服したらその子もまた誰かの兄分となる的に知ってたし、そんな薄情な…と思ってたんだけど、老木の〜を読んで色々思うところがある。前髪のある老人、これはコミカルな要素を強く含んだ話なんだろうけど、当時の人はどのように受け取ったんだろうか?笑い話以外にも感じるものがあっただろうか?と一途萌え腐女子はそう願わずにはいられない …続きを読む
    もきゅ子
    2016年05月31日
    26人がナイス!しています
  • 「嬲りころす袖の雪」浅はかさからの後悔が痛い程伝わってきて苦しくなりました。「侍兼しは三年の命」士道の恋は共に死ぬことで成就の言葉が重い。町人の恋とは違うのね。 「嬲りころす袖の雪」浅はかさからの後悔が痛い程伝わってきて苦しくなりました。「侍兼しは三年の命」士道の恋は共に死ぬことで成就の言葉が重い。町人の恋とは違うのね。
    フキノトウ
    2018年09月16日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品