少年と少女と、 サクラダリセット6

少年と少女と、 サクラダリセット6 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年02月25日
商品形態:
電子書籍

少年と少女と、 サクラダリセット6

  • 著者 河野 裕
発売日:
2017年02月25日
商品形態:
電子書籍

もうすぐすべてが終わる。咲良田の歪んだ物語が……。物語は最終章へ!

再生後、姿を見せなかった相麻菫からケイへの奇妙な連絡。それは春埼と一緒に交差点でゴミ拾いをしろというもの。何のために? 一方、管理局の男は、咲良田から能力の消滅を目論んでいた。物語はクライマックスへ!
※本書は、二〇一一年十二月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット6 BOY, GIRL and ――』を修正し、改題したものが底本です。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「少年と少女と、 サクラダリセット6」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ6巻目。いよいよクライマックスに近づいてきました!管理局が、すべての能力者の能力を消そうと狙うのは何故なのでしょうか?その謎を追いかけた先に登場した人物は、管理局対策室室長の浦地政宗でした。4 シリーズ6巻目。いよいよクライマックスに近づいてきました!管理局が、すべての能力者の能力を消そうと狙うのは何故なのでしょうか?その謎を追いかけた先に登場した人物は、管理局対策室室長の浦地政宗でした。40年前の間違った歴史を正すために、咲良田の町から特殊能力者の存在を消し去ろうとした彼。能力の犠牲者によって、これ以上人が死ぬことのないように、次々に人々の記憶を無くします。相麻菫の死や、春崎美空の過去を考えると、能力の必要性について考えてしまいますが、やはり浅井ケイが2人を救って欲しいと願いたくなりました。 …続きを読む
    ゆかーん
    2017年05月21日
    63人がナイス!しています
  • シリーズ6巻目。ついに明かされた能力者の街・咲良田の過去。全ては彼らが始めたことだった。管理局の設立、始まりの一年。暗躍する創立者の関係者。迫るサクラダリセット。今までに語られた事実が伏線となり、1つ シリーズ6巻目。ついに明かされた能力者の街・咲良田の過去。全ては彼らが始めたことだった。管理局の設立、始まりの一年。暗躍する創立者の関係者。迫るサクラダリセット。今までに語られた事実が伏線となり、1つの結末――サクラダリセットへと繋がっていく。さらっと重要な伏線を入れているから上手いなと思います。まさかキーホルダーからだとは思いませんでした。そしてついに明かされた相麻菫の真意。切ないを通り越して辛い。もうちょっと良い方法は無かったのかと。さて、チェックメイトな状況ですが、ケイの反撃を期待してます。 …続きを読む
    もも
    2017年03月24日
    55人がナイス!しています
  • あぁ…なんか大変なことになって来てしまった…。二年前、二代目の魔女の相馬菫が死んだ意味。蘇った、ただのアイデンティティのない、名前のないスワンプマン。サクラダの能力をリセットさせようとする大きな陰謀。 あぁ…なんか大変なことになって来てしまった…。二年前、二代目の魔女の相馬菫が死んだ意味。蘇った、ただのアイデンティティのない、名前のないスワンプマン。サクラダの能力をリセットさせようとする大きな陰謀。様々な能力者たちの力によって、確実に、全ての人間から、能力が失われる。記憶を保持する強い能力をもったケイだけを除いて。最後の切り札は、春埼のリセットだけ。しかしそれも、忘れ去られて、どうやって、ケイはサクラダに能力を蘇らせるのか。来月最終巻か…ゾクゾクする。 …続きを読む
    ゆんこ姐さん@他院ヘルプDEATH( ´゚Д゚)・;’.、カハッ
    2017年02月28日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品