試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041040317

コハルノートへおかえり 2

  • 著者 石井 颯良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041040317

『コハルノート』に隠された秘密とは!? 直感女子が挑む謎解き物語第2弾

ハーブのお店「コハルノート」に出入りするようになった小梅は、店主の朝霧が抱えるトラウマを癒したいと奔走するが……。ハーブと香りが答えを導く、やさしい謎とき物語・第2弾!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「コハルノートへおかえり 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 澄礼への気持ちを自覚したものの、親友・紗綾の恋敵疑惑にもやもやを抱えたままの小梅が、文化祭の執行役になってしまったり、樹からアプローチされてしまう第二弾。具体的に見えてこない進路もあったりで、どうにも 澄礼への気持ちを自覚したものの、親友・紗綾の恋敵疑惑にもやもやを抱えたままの小梅が、文化祭の執行役になってしまったり、樹からアプローチされてしまう第二弾。具体的に見えてこない進路もあったりで、どうにも落ち着かないところに、アルバイト先のコハルノートで起こった大きな転機。小梅が混乱してもおかしくない展開でしたけど、彼女の思うところは最初からはっきりしていたんですよね。周囲の助けも得ながら目の前の問題にきちんと向き合って答えを出し、自分がやりたいことに迷わなくなった小梅の成長を実感できました。次回作にも期待。 …続きを読む
    よっち
    2016年10月12日
    26人がナイス!しています
  • う~ん、素敵なお話だったのだけど、失礼ながら過去にすがって現在を蔑ろにしていた澄礼さんにひかれるポイントが分からなかったかも…。個人的には人間味溢れる樹さんの方が素敵に見えました。小梅の成長ぶりは凄ま う~ん、素敵なお話だったのだけど、失礼ながら過去にすがって現在を蔑ろにしていた澄礼さんにひかれるポイントが分からなかったかも…。個人的には人間味溢れる樹さんの方が素敵に見えました。小梅の成長ぶりは凄まじい物があるけど…一介の高校生がそこまで出来るものなのかという疑問も失礼ながら持ってしまいました。とはいえ、ここからまた新たな物語の始まりなのでしょうね。 …続きを読む
    よっしー
    2021年08月19日
    13人がナイス!しています
  • 終わってほしくなかった…好き…出てくるみんなが魅力的すぎて本当良かった。そしてなによりニヤニヤしっぱなし。職場で読んだのが間違いだった。これは自宅の布団の中で足バタバタさせてキュンキュンする度に気持ち 終わってほしくなかった…好き…出てくるみんなが魅力的すぎて本当良かった。そしてなによりニヤニヤしっぱなし。職場で読んだのが間違いだった。これは自宅の布団の中で足バタバタさせてキュンキュンする度に気持ち悪いうめき声をあげながら読むべきだった…。樹ルートも見たいなぁ…樹本当好み…なんかもうため息しか出ない(良い意味で)。次回作も楽しみ。 …続きを読む
    彩灯尋
    2016年10月17日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品