不倫

私は次第に自分を見失っていった。パウロ・コエーリョの刺激的な新作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041040171

不倫

私は次第に自分を見失っていった。パウロ・コエーリョの刺激的な新作!

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 翻訳 木下 眞穂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041040171

私は次第に自分を見失っていった。パウロ・コエーリョの刺激的な新作!

変わりたい。変わらなければ。
私は次第に自分を見失っていった。

世界的ベストセラー作家
パウロ・コエーリョの刺激的な新作!

優しく裕福な夫、二人の子ども、ジャーナリストとしての恵まれた仕事。
幸福を絵に描いたような生活を送っていたリンダだったが、ある取材を機に人生を見つめ直し、自分が抱える深い悲しみに気づいてしまった。
自分は日常生活に追われ、危険を冒すことを恐れ鈍感になっていた。
結婚生活にも情熱は感じられない。感動も喜びも消え、この孤独感はだれにも理解してもらえないとリンダは絶望し始めていた。
そんなとき、元彼と再会する。
政治家として出世街道を歩みながらも同じような孤独を抱えたその男、ヤコブはリンダに問いかけた。「きみは幸せなのかい」と。
その一言がきっかけで、リンダは刺激を求め、危険な道に足を踏み入れる――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『不倫』 スペシャルPV

「不倫」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ジュネーブのある城。1817年、英国の詩人バイロンが移り住んできた。祖国でつまはじきにされて。そこへ、友人の詩人パーシー・シェリーと彼の再婚の若妻メアリーらがやって来た。彼らは一年後に人間性とは何か語 ジュネーブのある城。1817年、英国の詩人バイロンが移り住んできた。祖国でつまはじきにされて。そこへ、友人の詩人パーシー・シェリーと彼の再婚の若妻メアリーらがやって来た。彼らは一年後に人間性とは何か語る自著を手にして再集合することにする。18歳のメアリーはそのメンバーに誘われなかった。しかし、彼女だけが人間性について考えたものを書いてみた。その小説は『フランケンシュタイン』。ここのくだりが一番面白かった。コエーリョは『ジキルとハイド』も引き合いに出す。テーマは愛とは何か。誰かに読んだらとはすすめられない。 …続きを読む
    ケイ
    2016年07月29日
    141人がナイス!しています
  • ★☆容姿、家庭、仕事どれをとっても人並み以上に満たされた31歳の女性が、ある日突然自分が何ひとつ満足して居ない事に気付き(ここ迄だって説得力皆無)昔の男とSEXして、紆余曲折あって突然作者が、愛の美し ★☆容姿、家庭、仕事どれをとっても人並み以上に満たされた31歳の女性が、ある日突然自分が何ひとつ満足して居ない事に気付き(ここ迄だって説得力皆無)昔の男とSEXして、紆余曲折あって突然作者が、愛の美しさ強さについて語りだす話し。彼女は自分が満たされる為に夫で無い男とSEXしたい、のでは無い。勝ちたいのだ、何故か支配し君臨したい、その手段としてのSEX。相手の男に、男の妻に勝つ為の手段としてのSEX。彼女の中では全てが勝ち負けにより判断される、男もそのひとつ→ …続きを読む
    積読亭くま吉(●´(エ)`●)
    2016年05月23日
    97人がナイス!しています
  • タイトルこそ「不倫」ですが、一人の女性の成長記として読みました。自分は恵まれているという想いで普通の日々を過ごしていたはずが、不満へと導かれていく。それこそ、自分が平凡な変化のない日常の中にいること他 タイトルこそ「不倫」ですが、一人の女性の成長記として読みました。自分は恵まれているという想いで普通の日々を過ごしていたはずが、不満へと導かれていく。それこそ、自分が平凡な変化のない日常の中にいること他ならないのでしょう。そこから抜け出し、自分を変える方法として選らんだのが不倫だったのかもしれません。そして、それが新たな道へと踏み出すための不可欠な方法だったように思えました。 …続きを読む
    優希
    2018年04月16日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品