太宰と安吾

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044000868

太宰と安吾

  • 著者 檀 一雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784044000868

太宰治と坂口安吾。二人の盟友、無頼派作家が綴ったレクイエム。

無頼派といえば、坂口安吾、太宰治、そして檀一雄。昭和という時代を駆け抜けた彼らの生き様がよくわかる。合間に垣間見える昭和文壇の人間関係も面白い。よくも悪くも濃密な時代感が漂っていて、それが現代に足りないものを示唆しているような気がしてくる。

もくじ

第一部 太宰治
文藝の完遂、太宰時間(アワー)、熱海行、友人としての太宰治、出世作のころ、ほか。

第二部 坂口安吾
坂口安吾論、坂口安吾の死、二月空莫、破壊と求道、文芸退廃に抗して、ほか。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「太宰と安吾」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 二人について書く時の冴え渡る筆。「太宰に会いたい者は太宰の作品を読むがよい。私の幻影などは、もはや実の太宰となんの類似点も無いかも知れぬ」「もう白布の下に特徴のある太い眉宇が見られるだけで、よく笑い、 二人について書く時の冴え渡る筆。「太宰に会いたい者は太宰の作品を読むがよい。私の幻影などは、もはや実の太宰となんの類似点も無いかも知れぬ」「もう白布の下に特徴のある太い眉宇が見られるだけで、よく笑い、よく語った、その人の口は動かなかった……一度、世界の物語で何が一番好きかと聞いてみたことがある。安吾は杯の手をやめて、即座に、〈パクパクと狼に食われてしまう赤ずきん…〉安吾の眼中の空漠を見るようなすさまじさで、私はだまってただうなずいただけだ」助けてやらねばならぬ不肖の弟と、見てられぬ不良の兄、であったか…。 …続きを読む
    ケイ
    2019年07月06日
    115人がナイス!しています
  • 檀一雄が語る、太宰治と坂口安吾の人なりや共に過ごした在りし日のエピソードを纏めた本。私にとって太宰は慣れ親しんだ作家ですが安吾はあまり読んだことがないので新鮮でした。安吾と比べると太宰は贅沢趣味のロマ 檀一雄が語る、太宰治と坂口安吾の人なりや共に過ごした在りし日のエピソードを纏めた本。私にとって太宰は慣れ親しんだ作家ですが安吾はあまり読んだことがないので新鮮でした。安吾と比べると太宰は贅沢趣味のロマンチスト。安吾は虚飾を嫌う磊落放胆なリアリストと言う印象。その実彼は暗鬱厭人な面もあるけれど。2人は酒、女、薬に溺れながら身を賭して作品を書いた。文学を楽しむと言うよりは狂おしい程に迸る激情に駆られて書かざるを得なかったと言うように私には見える。言葉を武器に同じ時代を駆け抜けて行った彼等の足跡は今も色鮮やかだ …続きを読む
    蓮子
    2018年06月11日
    88人がナイス!しています
  • 二人の異様な魂との交歓。檀一雄が太宰治と坂口安吾について書いた文章を集めたもの。よって内容(ものによっては文章丸々)の重複が多い。鬱気の波がやってくると太宰はめそめそし、安吾は暴れ出すらしい。檀と安吾 二人の異様な魂との交歓。檀一雄が太宰治と坂口安吾について書いた文章を集めたもの。よって内容(ものによっては文章丸々)の重複が多い。鬱気の波がやってくると太宰はめそめそし、安吾は暴れ出すらしい。檀と安吾の信州旅行のエピソードはなかなか強烈。太宰と安吾の人間的な魅力もあっただろうけど、それにしても檀先生、とてつもなく懐が深い。引き摺られることなく、同化することなく、\自分\であり続ける気骨があったのだろう。ふと「太宰と安吾には檀一雄がいたが、檀一雄には檀一雄がいなかった。」という言葉を思い出した。 …続きを読む
    穂積
    2018年06月01日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品