試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784047035829

風土記 日本人の感覚を読む

  • 著者 橋本 雅之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784047035829

古代日本の姿から、現代に通じる日本人のこころがみえてくる!

七一三年の官命によって編纂された「風土記」。全国各地の産物や土地、神話などを記す古代の貴重な資料である。その地誌としての性格をふまえ「風土記」を読み解けば、日本人に通底する心のありようが見えてくる。
第7回古代歴史文化賞優秀作品賞受賞作。

【目次】
はじめに

第一章 「風土記」とはなにか

第二章 「風土記」の時間
 序 説
 第一節 「風土記」の時間認識 ―「古」「昔」「今」―
 第二節 神の歴史 ―オオナムチ神話の国作り―
 第三節 天皇の歴史 ―風土記巡行伝説―
 第四節 祖先の歴史 ―「祖」「初祖」「遠祖」「始祖」「上祖」―

第三章 「風土記」の空間
 序 説
 第一節 神話の空間認識
 第二節 里長の役割と「里の伝承」
 第三節 巡行伝承の空間的再配置

第四章 「風土記」からみた日本文化
 序 説
 第一節 松になった男女の「罪」と「恥」
 第二節 天女の追放

終章 「風土記史観」でみた古代の日本

おわりに
参考文献

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「風土記 日本人の感覚を読む」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 興味深い。読み込みが足りなく、浅いけれど。 興味深い。読み込みが足りなく、浅いけれど。
    たま
    2017年02月04日
    1人がナイス!しています
  • 風土記の名前は知っていても、実際の内容は知らなかった。 神話の時代から、今の日本人に通じる部分があることが分かった。 という、つまらない感想と同時に、続いて感じたこと。 だが、罪と恥のフレームワー 風土記の名前は知っていても、実際の内容は知らなかった。 神話の時代から、今の日本人に通じる部分があることが分かった。 という、つまらない感想と同時に、続いて感じたこと。 だが、罪と恥のフレームワークの援用を排除する側のメンタリティにも適用すると話は別であろう。 こういう排除が罪と恥によって補強される状況こそ、今の日本のそこかしこで見ることができそう。 問題は神話の時代から根深くあるということですね。 それにしても、H市の図書館の旅行フェアで借りたのだが、旅行あんまり関係ないっす。 …続きを読む
    彼方
    2019年07月25日
    0人がナイス!しています
  • 風土記の同類の本の中では読みやすさと、小説的に展開しない点に魅かれました。地元の近くの常陸国風土記というのがありますが、風土記の丘に子供時代行ったのを思い出しましたが、書物とは時代背景が違います。 風土記の同類の本の中では読みやすさと、小説的に展開しない点に魅かれました。地元の近くの常陸国風土記というのがありますが、風土記の丘に子供時代行ったのを思い出しましたが、書物とは時代背景が違います。
    くらぴい
    2017年06月28日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品