紅霞後宮物語 第三幕 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年02月15日
商品形態:
電子書籍

紅霞後宮物語 第三幕

  • 著者 雪村花菜
  • イラスト 桐矢 隆
発売日:
2016年02月15日
商品形態:
電子書籍

皇帝に新たな寵姫登場!? 揺らぐ後宮に、小玉は――?

文林が謝充媛のもとに足繁く通うようになった。「文林に新たな出会いをあげよう計画」が成功したと喜ぶ小玉だったが、後宮内は微妙な空気に……。そこで小玉は二人のもとに自ら赴き、ある決意を表明する――!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「紅霞後宮物語 第三幕」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 号泣。号泣に次ぐ号泣でした。小説でこんなに泣いたの、思い出せないくらい久しぶり。同じくらいの子を持つ母として感情移入しまくってしまったのか、まさかこんなに泣くなんて…最後の麺屋のおっちゃんの対応、文林 号泣。号泣に次ぐ号泣でした。小説でこんなに泣いたの、思い出せないくらい久しぶり。同じくらいの子を持つ母として感情移入しまくってしまったのか、まさかこんなに泣くなんて…最後の麺屋のおっちゃんの対応、文林の所作に、しまりかけていた涙腺がさらに崩壊しラスト50ページは結局ずっと泣いていた気がします…謝月枝のところでもホロッと来たのに、衝撃はその比じゃありませんでした。これによって小玉は何か転機になるのかな…終盤以外は相変わらずコミカルで、ちょっと抜けてる小玉笑える、清喜やっぱり好き、赤くなる文林萌え!でした。 …続きを読む
    あっか
    2018年07月15日
    82人がナイス!しています
  • (TωT) 文林ええ旦那や (TωT) 文林ええ旦那や
    ひろし@うん!落ち着く
    2016年08月04日
    69人がナイス!しています
  • 新刊(11巻)を読む前に復習の再読祭り中。あー再読でもやっぱり泣いた。無理…堪え切れない…むしろ読み始めから憂鬱だったくらい。このシリーズの中で1番読むのが辛い巻かも知れない。従卒の「我々が発見した折 新刊(11巻)を読む前に復習の再読祭り中。あー再読でもやっぱり泣いた。無理…堪え切れない…むしろ読み始めから憂鬱だったくらい。このシリーズの中で1番読むのが辛い巻かも知れない。従卒の「我々が発見した折には…」…という報告で浮かんだ情景に、何度でも涙腺崩壊する。最後、清喜や文林とのやり取りのコミカルさで一瞬明るさを取り戻したけど、最後の最後、麺屋のシーンでまだ涙涙。思い出しても鼻の奥がツンとするわ…この巻の裏テーマは母親、かな。色々な方、色々な立場の母親達が模索しています。 …続きを読む
    あっか
    2020年06月17日
    68人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品