米原万里ベストエッセイI

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044000752

米原万里ベストエッセイI

  • 著者 米原 万里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044000752

没後10年、初のベスト集。読者を愉しませる天才・米原ワールド決定版!

「つくづくこの人にはかなわない」――池澤夏樹(本書解説より)

「モノ心ついてからというもの、まずなりたくなったのは紙芝居屋さん、そのあとバスの車掌さん、童話の本を読めばお姫さまになりたくなったし……」
ロシア語通訳として活躍したのち作家に転身、抜群のユーモアと毒舌で愛された米原万里。
通訳時代の悲喜こもごもで笑わせつつ、政治の堕落ぶりを一刀両断。惜しもげなく披露する下ネタには誰もが脱帽!
56歳で早逝するまでに残した珠玉のエッセイから選りすぐる、初のベスト集。

もくじ

目次

トルコ蜜飴の版図
方言まで訳すか、訛りまで訳すか
ムスチスラフ・レオポルドビッチ・ロストロポービッチ
食べずにはいられない
遠いほど近くなる
自由という名の不自由
フンドシチラリ
多数派シンドローム
「甘い言葉には裏がある」
卵が先か、鶏が先か
美女の基準
手は口ほどにモノをいい……
通訳=売春婦論、もう一つの根拠
何でもプール
北風と太陽
打ちのめされるようなすごい小説
ガセネッタ・ダジャーレとシモネッタ・ドッジ
美しさに惑わされるな
アルバイトがアルバイトを紹介する法則
壺 算
反日感情解消法
台風一過
四〇年来の謎
望郷指数
バグダッドの靴磨き
解説 池澤夏樹


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「米原万里ベストエッセイI」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 没後10年に際し企画された文庫フェアの中の一冊。数多のエッセイから選りすぐりを集めた珠玉のベスト版。知性に溢れ感性豊かで、鋭い批評精神を持ちながらも大の下ネタ好きだった米原さん。大らかなお人柄が滲み出 没後10年に際し企画された文庫フェアの中の一冊。数多のエッセイから選りすぐりを集めた珠玉のベスト版。知性に溢れ感性豊かで、鋭い批評精神を持ちながらも大の下ネタ好きだった米原さん。大らかなお人柄が滲み出た数々のエッセイは、ロシア語通訳が本業であったにもかかわらず何度読んでもとんでもなく面白い。面白いと思うほどに二度と新作を読めないことが悲しく、悲しく思えばこそ何度でも大事に読み返したくなる。勢いを増して変わりゆく日本や世界の有り様を、彼女の言葉で今読みたい。 …続きを読む
    yumiko
    2016年07月15日
    61人がナイス!しています
  • 9歳〜14歳までプラハのソビエト学校で学んだ米原さんのエッセイ集。お元気だった頃にはTVでも見掛ける事が多く、若くして亡くなられた時には驚いた事を思い出します。ロシア語通訳として、翻訳家、小説家として 9歳〜14歳までプラハのソビエト学校で学んだ米原さんのエッセイ集。お元気だった頃にはTVでも見掛ける事が多く、若くして亡くなられた時には驚いた事を思い出します。ロシア語通訳として、翻訳家、小説家として幅広い知識に裏付けされているのは、本書でも伝わってきます。グローバルな視線での見解に頷く事しきりでした。それだけでなく食いしん坊であったり、ユーモアたっぷりのお茶目な面を知ることも出来て良い時間を過ごせました。特に印象的だったのは、アーサー・ポンソンビーの10の法則。しかと心に留めようと思います。 …続きを読む
    KEI
    2017年08月06日
    36人がナイス!しています
  • 出されてる本のタイトルは知ってたものの、読むのは初めて。結構、真面目な話が多かった。「戦争プロパガンダ10の法則」という本を引き合いに出して、如何に政府が国民を戦争に動員していくために嘘をついてきたか 出されてる本のタイトルは知ってたものの、読むのは初めて。結構、真面目な話が多かった。「戦争プロパガンダ10の法則」という本を引き合いに出して、如何に政府が国民を戦争に動員していくために嘘をついてきたか、は怖い。 …続きを読む
    優花
    2016年04月30日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品