樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ、最初の事件

第1回 角川文庫キャラクター小説大賞 大賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041038864

第1回 角川文庫キャラクター小説大賞 大賞

樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ、最初の事件

  • 著者 柳瀬 みちる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041038864

角川文庫キャラクター小説大賞《大賞》受賞! 美大で日常の謎解きを!

長原あざみは樫乃木美術大学の1年生。
立体造形科の所属だけれど、
引っ込み思案な性格のせいで、
いつもひとりぼっち。

ある日学校へ来ると、
同級生の橘が作ったアクリル作品が変形していた。
犯人の疑いをかけられたあざみを救ってくれたのは、
人好きする雰囲気を持つ青年、梶谷七唯(かじや なない)。
同じ学科の研究生という彼は、
真実を調べようと言いだして……。
第一回角川文庫キャラクター小説大賞受賞。
日常の謎系青春ミステリ決定版。
あの頃のきらめきが、ここにある……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ、最初の事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大学のサークルに集まるちょっと変わった面々を中心に起きる事件とその解決。。何度も読んだパターンですが、、好きなものはしょうがない。主人公達のキャラは変わっていますが、うじうじした主人公も、なんとかした 大学のサークルに集まるちょっと変わった面々を中心に起きる事件とその解決。。何度も読んだパターンですが、、好きなものはしょうがない。主人公達のキャラは変わっていますが、うじうじした主人公も、なんとかしたい気持ちはあってイライラせずに最後まで読めました。読みやすいのはいいんですが、その分だけ意外性も控えめ。軽く読めるので、息抜きには良かったかなー。。ただ、伏線ってのは隠れてないと伏線って言わないと思ったり。 …続きを読む
    hnzwd
    2016年04月21日
    45人がナイス!しています
  • 引っ込み思案でいつもひとりぼっちな樫乃木美術大学の1年生長原あざみが、疑われていた状況を救ってくれた研究生の梶谷七唯と出会ったことでその世界が変わってゆく物語。よく分からないサークル「カジヤ部」に所属 引っ込み思案でいつもひとりぼっちな樫乃木美術大学の1年生長原あざみが、疑われていた状況を救ってくれた研究生の梶谷七唯と出会ったことでその世界が変わってゆく物語。よく分からないサークル「カジヤ部」に所属することになり、梶谷と共に謎を解きながら増えてゆく仲間たち。ミステリ要素はやや薄味ですが、人との出会いが卑屈だったあざみのありようを変えてゆき、ついには窮地に陥った梶谷を救うために奔走するまでに成長する過程はなかなかで、あざみの過去の伏線も分かりやすかったですがきちんと回収していて好感。次回作にも期待ですね。 …続きを読む
    よっち
    2016年04月05日
    41人がナイス!しています
  • キャラミス一位という謳い文句につられて。美大に通う平々凡々なボッチ、あざみが、いろんな謎に遭遇しつつ、少しずつ友達を得て、ボッチじゃなくなってゆく…というストーリー。ありきたりだけど、美大を地盤に置い キャラミス一位という謳い文句につられて。美大に通う平々凡々なボッチ、あざみが、いろんな謎に遭遇しつつ、少しずつ友達を得て、ボッチじゃなくなってゆく…というストーリー。ありきたりだけど、美大を地盤に置いた作品はハチクロ以来なかったので、そこそこ面白かった。続きもきになるなと思ったら、出てるんだね。読んでみようかな。 …続きを読む
    ゆんこ姐さん@祖父母介護の毎日
    2016年08月26日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品