そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046015082

関連作品有り

そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル

  • 著者 永井孝尚
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046015082

シリーズ累計60万部突破!『100円コーラ』シリーズ著者の最新刊!

シリーズ累計60万部突破!『100円コーラ』シリーズ著者の最新刊!

長野県の阿智村で実際に起きた実話に基づくビジネス物語

温泉旅館で働く新人・諸星明は、衰退する温泉郷の立て直しに挑戦する。しかし周囲は無関心。
過去の成功体験が忘れられない反対派もいる逆風のなか、諸星と数人の仲間で始めた「ディズニーを超える」という挑戦は、「売れない時代」の新しいビジネスモデルを創りあげていく――。

ヒトなし、カネなし、モノなしの限られた状況の中、諸星は新規事業を成功できるのか?
長野県・阿智村で実際に起きた実話に基づくビジネス物語。

ジョン・P・コッターの「企業変革の8ステップ」を中心に、ダニエル・ピンク『モチベーション3.0』、ジェイ・B・バーニーの『企業戦略論』、『ゼロ・トゥ・ワン』『アダプト思考』『リーンスタートアップ』『競争優位の終焉』など最新ビジネス理論を網羅した、ストーリーで「企業変革」が学べる1冊

(目次)
第1章 温泉郷の強みは、温泉か?――大量生産・大量消費時代の終わり
第2章 そうだ、星を売ろう!――当たり前のものが強みに変わる
第3章 星の村――コッターの企業変革力
第4章 星のガイド――ヒト・モノ・カネより大切なもの
第5章 見えない星空――リスク管理と失敗の3ステップ
第6章 星のタウンミーティング――抵抗勢力を味方につける
第7章 星の絆―― 「やりたいからやる」モチベーション3・0
第8章 星の特産品――1を100に育てるリーン・スタートアップ
第9章 五平餅協力隊――ビジネスは合理的に判断できない
第10章 星の模倣――競争優位の終焉と終わらない変革力
エピローグ 成功体験を捨て去る勇気
解説 ジョン・コッターの「変革を推進するための段階のプロセス」
巻末付録 本書のもとになった経営戦略理論

もくじ

第1章 温泉郷の強みは、温泉か?――大量生産・大量消費時代の終わり
第2章 そうだ、星を売ろう!――当たり前のものが強みに変わる
第3章 星の村――コッターの企業変革力
第4章 星のガイド――ヒト・モノ・カネより大切なもの
第5章 見えない星空――リスク管理と失敗の3ステップ
第6章 星のタウンミーティング――抵抗勢力を味方につける
第7章 星の絆―― 「やりたいからやる」モチベーション3・0
第8章 星の特産品――1を100に育てるリーン・スタートアップ
第9章 五平餅協力隊――ビジネスは合理的に判断できない
第10章 星の模倣――競争優位の終焉と終わらない変革力
エピローグ 成功体験を捨て去る勇気
解説 ジョン・コッターの「変革を推進するための段階のプロセス」
巻末付録 本書のもとになった経営戦略理論

メディアミックス情報

NEWS

「そうだ、星を売ろう 「売れない時代」の新しいビジネスモデル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • モノからコトへのシフトが言われて久しい。そんな中、実際にある村を題材にした物語。ビジネス書でもあり、また、小説としても読めるし、あっという間に読み終えた。ヒト、モノ、カネ、情報の経営資源。どれがあって モノからコトへのシフトが言われて久しい。そんな中、実際にある村を題材にした物語。ビジネス書でもあり、また、小説としても読めるし、あっという間に読み終えた。ヒト、モノ、カネ、情報の経営資源。どれがあって、どれがないのか・・・。そんなすべてを支えるのが、人の思いであるというのが納得できる。これは、いろんな場面で応用できる。モチベーション3.0、読んでみようと思う。そして、いつかいきたいなあ~阿智村。 …続きを読む
    けんとまん1007
    2018年04月15日
    30人がナイス!しています
  • 他の人が書いているようにノンフィクションではなく小説として書かれているために綺麗になりすぎている天や、ビジネス書ライズされてしまっているのは残念でしたが、内容は面白かったです。温泉街で温泉ではなく星空 他の人が書いているようにノンフィクションではなく小説として書かれているために綺麗になりすぎている天や、ビジネス書ライズされてしまっているのは残念でしたが、内容は面白かったです。温泉街で温泉ではなく星空ツアーを売る。しかも一部の観光業者のみならず多くの人に経済的便益を齎し、規模の大小に関わらず町の事業として評価されるその経緯は感動ものです。今後この野武士集団がどのような面白い取り組みをしてくれるのか楽しみですね。お勧めの一冊です。 …続きを読む
    kakoboo
    2016年08月21日
    16人がナイス!しています
  • 「月の土地ビジネス」みたいな話かと思ったら違った。温泉地で夜景を売りにするという話で、事実に基づいた小説とのこと。設定が無駄にごちゃごちゃしてそうな雰囲気で、あまり興味をひかれず12分で読了▼ちなみに 「月の土地ビジネス」みたいな話かと思ったら違った。温泉地で夜景を売りにするという話で、事実に基づいた小説とのこと。設定が無駄にごちゃごちゃしてそうな雰囲気で、あまり興味をひかれず12分で読了▼ちなみに、似た書名の横石知二(2007)『そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生』は最高。 …続きを読む
    アルカリオン
    2021年09月08日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品