下に見る人 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年01月25日
商品形態:
電子書籍

下に見る人

  • 著者 酒井 順子
発売日:
2016年01月25日
商品形態:
電子書籍

ダサい子に彼氏がいたときの衝撃……なぜ人は人を下に見る!?

人が集えば必ず生まれる序列に区別、差別にいじめ。時代で被害者像と加害者像は変化しても、「他人を下に見たい」という欲求が必ずそこにはある。自らの体験と差別的感情を露わにし、社会の闇と人々の本音を暴く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「下に見る人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • どんな世界でも、人は相手を下に見ることでなんとなく安心するという、まあ平たく言うとそんなことが書いてありました。結婚生活している夫婦、はたまたドリフ、いろんな場面で、自分よりも下の人間という存在を持つ どんな世界でも、人は相手を下に見ることでなんとなく安心するという、まあ平たく言うとそんなことが書いてありました。結婚生活している夫婦、はたまたドリフ、いろんな場面で、自分よりも下の人間という存在を持つことで、心の平成が保たれているのかも知れません。 …続きを読む
    mazda
    2016年04月09日
    28人がナイス!しています
  • わかるわかると思う事がたくさんかかれている。私はしたに見られてきたようにずっと感じてきた。でも、自分も自分よりも下に思える人をみて安心していたところもあある。努力するよりも簡単だからかもしれない。でも わかるわかると思う事がたくさんかかれている。私はしたに見られてきたようにずっと感じてきた。でも、自分も自分よりも下に思える人をみて安心していたところもあある。努力するよりも簡単だからかもしれない。でも結局はそんなことしても何もかわらない。そんなことに気が付いた。同列な場所は作り出さないとない。それがちょっと悲しいところである。上下から抜け出すことが私の目下の目標であったりする。 …続きを読む
    カッパ
    2018年12月14日
    24人がナイス!しています
  • 人間が本能的に持っている優越欲求がテーマのエッセイ集。そういえば、いつか中村うさぎさんが誰かとの対談で「私、平等って嫌いですよ」と言っていたな。うさぎさんは酒井さんよりも優越欲求が分かりやすく表れてい 人間が本能的に持っている優越欲求がテーマのエッセイ集。そういえば、いつか中村うさぎさんが誰かとの対談で「私、平等って嫌いですよ」と言っていたな。うさぎさんは酒井さんよりも優越欲求が分かりやすく表れている人だけど、酒井さんはうさぎさんのような「女王キャラ」ではない分、「食えない人」という印象が強い。うさぎさんが姉御肌イメージなのに対して、酒井さんには「妹キャラ」的な要領の良さがありそうだな。 …続きを読む
    明智紫苑
    2018年11月02日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品