平安ガールフレンズ

平安ガールフレンズ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116395
label

平安ガールフレンズ

  • 著者 酒井 順子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041116395

ジットリ紫式部先輩にも、 パリピな清少納言姉さんにも、共感の嵐!

「人が眉毛を抜くときの顔ってなんともいえないよね」と日常を切り取る天才だった清少納言は、歌道の家に生まれ、「私はあえて歌なんか詠まない」と宣言し、随筆で結果を残したロックな女だった――。
 『枕草子』の清少納言、『紫式部日記』の紫式部、『和泉式部日記』の和泉式部、『蜻蛉日記』の藤原道綱母、『更級日記』の菅原孝標女。今から1000年以上前に生きた女性たちは、一体どんな悩みを抱え、どのような恋愛をし、いかなる人生を送ったのだろう? 日記や随筆などの作品を読み解けば、彼女たちの性格が手にとるように見えてくる!

【誰とガールズトークしてみたい?】
「あるある」の元祖、女子に人気のリア充 清少納言
ねっとり濃厚な性質、内に秘めるタイプ 紫式部
負けず嫌いな“出家してやる詐欺”美女 藤原道綱母
平安の“中二病”夢みる物語オタク 菅原孝標女
モテと才能に恵まれるも、なぜか不幸体質 和泉式部
「人が眉毛を抜くときの顔ってなんともいえないよね」と日常を切り取る天才だった清少納言は、歌道の家に生まれ、「私はあえて歌なんか詠まない」と宣言し、随筆で結果を残したロックな女だった――。
 『枕草子』の清少納言、『紫式部日記』の紫式部、『和泉式部日記』の和泉式部、『蜻蛉日記』の藤原道綱母、『更級日記』の菅原孝標女。今から1000年以上前に生きた女性たちは、一体どんな悩みを抱え、どのような恋愛をし、いかなる人生を送ったのだろう? 日記や随筆などの作品を読み解けば、彼女たちの性格が手にとるように見えてくる!

【誰とガールズトークしてみたい?】
「あるある」の元祖、女子に人気のリア充 清少納言
ねっとり濃厚な性質、内に秘めるタイプ 紫式部
負けず嫌いな“出家してやる詐欺”美女 藤原道綱母
平安の“中二病”夢みる物語オタク 菅原孝標女
モテと才能に恵まれるも、なぜか不幸体質 和泉式部

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 清少納言
第二章 紫式部
第三章 藤原道綱母
第四章 菅原孝標女
第五章 和泉式部
あとがき ※文庫版書下ろし
対談 栗木京子+酒井順子

「平安ガールフレンズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 〇「あるあるの元祖」清少納言。父は御饌和歌衆選者、歌詠みの子孫で名手ながら「もう、歌は詠みません」と宣言、中宮定子の女房として「枕草子」を生む。「嫌いなものは嫌い」「男性への絶望と希望」〇「内に秘める 〇「あるあるの元祖」清少納言。父は御饌和歌衆選者、歌詠みの子孫で名手ながら「もう、歌は詠みません」と宣言、中宮定子の女房として「枕草子」を生む。「嫌いなものは嫌い」「男性への絶望と希望」〇「内に秘めるタイプ」紫式部。枕草子で亡き夫藤原宣孝を貶されて、「清少納言こそ、したり顔いみじう侍りける人」と応酬。承認欲求の満たし方として「源氏物語」執筆。他に、〇真傷嫌いの美女藤原道綱母〇物語オタク菅原孝標女〇恵まれた才能にもかかわらず幸薄い和泉式部。好みは分かれるが、平安の女性たちは魅力的。面白く読了した。 …続きを読む
    たっくん
    2024年02月09日
    66人がナイス!しています
  • 酒井さんのこの手の本が好き。清少納言は承認欲求の強い女、紫式部は拗らせ女子、道綱母は空気読めない女、孝標女は夢見る中二病、和泉式部は好奇心旺盛な恋愛体質。なるほどねえ、こんなクラスメートいそうだわ。使 酒井さんのこの手の本が好き。清少納言は承認欲求の強い女、紫式部は拗らせ女子、道綱母は空気読めない女、孝標女は夢見る中二病、和泉式部は好奇心旺盛な恋愛体質。なるほどねえ、こんなクラスメートいそうだわ。使うツールや生活事情は違っても、働く女やシングルマザーの苦労、老後の不安の問題は今も全く変わらない。今なら清少納言はSNSで発信しまくりだろうし、孝標女は「なろう小説」書くだろうし、道綱母は「あの女、死ね」とか書いて炎上しそう。和泉式部はカリスマキャバ嬢かな。紫式部は直木賞作家で1000年前と変わらないかも。 …続きを読む
    びっぐすとん
    2022年01月03日
    21人がナイス!しています
  • 年越し本。平安期女流作家たちの作品を通して彼女たちの為人を探る内容なのだが、清少納言が今でいう「陽キャ」すぎた。勝手に奥ゆかしい感じの人をイメージしていたからギャップが・・・。自己顕示欲爆発の結果生まれ 年越し本。平安期女流作家たちの作品を通して彼女たちの為人を探る内容なのだが、清少納言が今でいう「陽キャ」すぎた。勝手に奥ゆかしい感じの人をイメージしていたからギャップが・・・。自己顕示欲爆発の結果生まれたものが枕草子となると少し読み方も変わるなぁ笑あの時代は何をするにつけてもどこに行くにも和歌を詠むことがついてまわり、「センスのある歌を詠む」って今でいう「映えるエモい写真」が撮れるかみたいな感じだったのかな。そう考えると時代とともに手段は変われど、承認欲求とか自己顕示欲とかってものは不変のものなんですね。 …続きを読む
    もかを
    2023年01月02日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品