家紋の話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044000097

家紋の話

  • 著者 泡坂 妻夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044000097

家業は上絵師!直木賞作家が手引する、驚きと魅惑の「紋」の世界。

「紋」といえば、封建社会や家族制度から生まれた格調高き文様――と思いきや、実は様々な柄がある。日、月、星の天文から雪や波などの自然、はたまた植物や花々、身の回りの品々まで。究極の日本のデザインともいえるその世界に魅せられ、40年以上も上絵師として紋章を描き続けた直木賞作家・泡坂妻夫が、「紋」の成り立ちと変化、そこに込められた遊び心と驚きの意匠を語る。職人ならではの視点と軽妙洒脱な文章で綴る、極上の紋章入門!収録図版約2000点。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

紋と上絵師
紋前史
紋の誕生
紋と武家
紋の盛衰
『見聞諸家紋』
商家の家紋 紋の豊かさの原動力
紋の進化 丸と中心の円
江戸 紋の最盛期
江戸 紋と遊ぶ
紋と絵師たち
紋帳と研究書
円の中の百技
菱は枠好み
菱の仲間たち
四角 無骨でなくする方法
紋から模様へ
上絵師小紋帳

メディアミックス情報

NEWS

「家紋の話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 改めて家紋は美しいのだと確認。 墓参りが楽しくなる一冊 改めて家紋は美しいのだと確認。 墓参りが楽しくなる一冊
    宗次郎
    2017年07月19日
    6人がナイス!しています
  • 泡坂さんが紋章上絵師だと知ってはいましたが、推理小説以外にこんなエッセイを書いていたとは知りませんでした。相変わらずの名調子の文体は楽しく、すぐに読み終わるのがもったいなくて、ゆっくり読ませていただき 泡坂さんが紋章上絵師だと知ってはいましたが、推理小説以外にこんなエッセイを書いていたとは知りませんでした。相変わらずの名調子の文体は楽しく、すぐに読み終わるのがもったいなくて、ゆっくり読ませていただきました。 …続きを読む
    Ribes triste
    2016年06月24日
    5人がナイス!しています
  • ふむ ふむ
    takao
    2021年04月20日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品