試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041019177

11枚のとらんぷ

  • 著者 泡坂 妻夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041019177

描かれたすべての奇術に、事件を解くヒントがある--!

真敷市公民館で開かれた奇術ショウ。演目の直後、水田志摩子が姿を消した。自宅で発見された彼女の屍体の周囲には、奇妙な品物の数々が。奇術小説「11枚のとらんぷ」に対応しているという。傑作奇術ミステリ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「11枚のとらんぷ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この改版の角川文庫がでてすぐ購入してが、積読本になっていた。あの『イニシエーション・ラブ』の映画に、この本の単行本が登場していたので慌てて読んだ。素人マジッククラブのショーが開催されている最中に、その この改版の角川文庫がでてすぐ購入してが、積読本になっていた。あの『イニシエーション・ラブ』の映画に、この本の単行本が登場していたので慌てて読んだ。素人マジッククラブのショーが開催されている最中に、その出演者が別の場所で殺される第一部、そのクラブの会員が書いた小説の第二部、そして解決編の第三部と、さすが泡坂妻夫とうなる凝ったつくりの作品だった。第一・二部はどこにミステリのヒントが隠されているのかを気にしながら読んでいても、マジックのネタも気になるという、ミステリとマジックの両方が楽しめる面白い作品だった。 …続きを読む
    hiro
    2015年06月21日
    121人がナイス!しています
  • 奇術とミステリの関係についていろいろなことにハッとさせられます。第一部ではアマチュアマジシャンのマジックショーでのドタバタを楽しみ(途中で殺人事件が起き)、第二部では作中作「11枚のトランプ」で11の 奇術とミステリの関係についていろいろなことにハッとさせられます。第一部ではアマチュアマジシャンのマジックショーでのドタバタを楽しみ(途中で殺人事件が起き)、第二部では作中作「11枚のトランプ」で11のマジックを楽しみ、それらが第三部での「世界国際奇術家会議」の一日(殺人の謎解き)へと繋がります。作中作の一話ずつが奇術の種明かしというよりショートミステリして読むことができるのに、第三部になってそれらがそれと気づかせず伏線にもなっていたことに気づいたときはその上手さに感嘆しました。堪能しました。→ …続きを読む
    aquamarine
    2015年02月23日
    76人がナイス!しています
  • 面白くないわけではないけれど、マジックに興味がない私には面白さ半分かな。マジックの描写は面白いんです。特に作中作の『11枚のトランプ』は、マジックの種を含めて面白い。しかし、マジックにのめり込む人たち 面白くないわけではないけれど、マジックに興味がない私には面白さ半分かな。マジックの描写は面白いんです。特に作中作の『11枚のトランプ』は、マジックの種を含めて面白い。しかし、マジックにのめり込む人たちが理解できず。動機とかそういうのがね、ふーんてなっちゃいました。亜愛一郎が面白かったので期待したんですが。残念。あ、三角の顔した老婦人、ここでも登場! …続きを読む
    papako
    2017年08月08日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品