富士見L文庫

かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。

ついに食事処を開店させた葵に降り注ぐは――鬼門の"厄"!?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040706795
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。

ついに食事処を開店させた葵に降り注ぐは――鬼門の"厄"!?

  • 著者 友麻碧
  • イラスト Laruha
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040706795

ついに食事処を開店させた葵に降り注ぐは――鬼門の"厄"!?

大旦那に食事処「夕がお」の開店を認めさせた葵。だが、鬼門中の鬼門といわれるその場所はなかなか一筋縄ではいかず……。お客を呼ぶためにあの手この手を考える葵だったが、何者かの妨害に見舞われ――!?

メディアミックス情報

NEWS

「かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 鬼嫁(風評)による細うで繁盛記の第二弾。今回も美味しそうな物が沢山出お腹がすきました。一番はおにぎりかな。こんなに手の込んだおにぎりを沢山握ってお花見に行きたい物です。ちびっこあやかし達もあざとく可愛 鬼嫁(風評)による細うで繁盛記の第二弾。今回も美味しそうな物が沢山出お腹がすきました。一番はおにぎりかな。こんなに手の込んだおにぎりを沢山握ってお花見に行きたい物です。ちびっこあやかし達もあざとく可愛い。生きる為に下手に出ている感じなのがいかにも弱肉強食な感じです。なんだかんだ言いつつ大旦那様に甘える葵と、葵を大甘やかしにする大旦那様にほのぼのしたり、他の宿屋のスタッフ達も個性豊かで読んでいて小気味い。銀次さんの遠い過去、金色の座敷わらしもどきなど不穏な影もちらほら見えてきたので続きを楽しみに待っています …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2016年02月26日
    128人がナイス!しています
  • 葵が着々と人脈を広げていく。きな臭い展開も見え隠れして深みも出てきた。飯テロは相変わらず全開炸裂。前巻は安心して読める面白さ、だったけれど今作は先が気になる展開になってきた 葵が着々と人脈を広げていく。きな臭い展開も見え隠れして深みも出てきた。飯テロは相変わらず全開炸裂。前巻は安心して読める面白さ、だったけれど今作は先が気になる展開になってきた
    た〜
    2015年10月05日
    102人がナイス!しています
  • 食事処を開くことになった葵。それにしてもお腹空くわぁ(笑)読みやすいのでスイスイと2巻目もあっという間に読了!先がきになるので速攻で3巻に行きます! 食事処を開くことになった葵。それにしてもお腹空くわぁ(笑)読みやすいのでスイスイと2巻目もあっという間に読了!先がきになるので速攻で3巻に行きます!
    りょうこ
    2017年05月20日
    91人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品