Fate/Zero(11) 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年11月04日
商品形態:
電子書籍

Fate/Zero(11)

  • 漫画 真じろう
  • 原作 虚淵玄(ニトロプラス)/TYPE‐MOON
発売日:
2015年11月04日
商品形態:
電子書籍

戦いは、“始まり”に向け、暗然と加速する―――。

アーチャーと結託した言峰綺礼が、ついに本格的に行動を開始。ライダー陣営を狙う衛宮切嗣の裏をかき、アイリスフィールの誘拐を図った綺礼の真の目的とは? 凶夢の歯車が廻り始める運命の第十一巻!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「Fate/Zero(11)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 言峰綺礼の逆襲が始まる一冊。なかなかエゲツないことをしていますね。舞弥さんか死に、葵も重体となり、続々と死んでいく。策略が策略を呼び、だんだんと分からなくなっていく。物語は最終局面に向けて加速していく 言峰綺礼の逆襲が始まる一冊。なかなかエゲツないことをしていますね。舞弥さんか死に、葵も重体となり、続々と死んでいく。策略が策略を呼び、だんだんと分からなくなっていく。物語は最終局面に向けて加速していく。 …続きを読む
    ゼロ
    2020年01月15日
    66人がナイス!しています
  • スッゲー話が進んだ記憶はあるのだが、もうオマケマンガに全部持ってかれるといういつもの展開(笑)優雅すぎるやろ(笑) ★★★★☆ スッゲー話が進んだ記憶はあるのだが、もうオマケマンガに全部持ってかれるといういつもの展開(笑)優雅すぎるやろ(笑) ★★★★☆
    カラシニコフ
    2017年05月03日
    16人がナイス!しています
  • 言峰綺礼がついに動き出す。間桐雁夜の最期は悲惨で、虚淵玄特有の「罪に対する罰が重すぎる」がモロに当てはまっている。各陣営がそれぞれ最終決戦へ向けて動き出す。 言峰綺礼がついに動き出す。間桐雁夜の最期は悲惨で、虚淵玄特有の「罪に対する罰が重すぎる」がモロに当てはまっている。各陣営がそれぞれ最終決戦へ向けて動き出す。
    水生
    2021年12月17日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品