試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784044094874

神秘日本

  • 著者 岡本 太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784044094874

恐山や熊野を経て、京都の密教寺院へ。日本人を奥底で動かす神秘を探る旅

人々が高度経済成長に沸くころ、太郎の眼差しは日本の奥地へと向けられていた。恐山、津軽、出羽三山、広島、熊野、高野山を経て、京都の密教寺院へ――。現代日本人を根底で動かす「神秘」の実像を探る旅。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神秘日本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1960年代に神秘的習俗を訪ねたレポート。イタコなど青森の祭祀は、虐げられてきた女性が自らを救済する呪術。各自が生命を爆発させる事を救済としてきた著者は、ここで芸術と呪術のつながりに注目する。出羽三山 1960年代に神秘的習俗を訪ねたレポート。イタコなど青森の祭祀は、虐げられてきた女性が自らを救済する呪術。各自が生命を爆発させる事を救済としてきた著者は、ここで芸術と呪術のつながりに注目する。出羽三山では、平地を追われた先住文化の名残りを修験道の中に探す。求めるのは芸術の閉塞を打ち破るヒント。議論は密教とマンダラの章で一気に深まる。残念ながら、「見せながら秘密を孕むのが芸術」という論考は理解不十分。現代芸術が、直接的なようで実は「作品」に固執しているという指摘は鋭い。著者撮影の写真も見応えあり。 …続きを読む
    ホークス
    2020年09月15日
    45人がナイス!しています
  • オシラの魂(東北文化論)、修験の夜(出羽三山)、花田植(農事のエロティスム)、火・水・海賊(熊野文化論)、秘密荘厳、曼荼羅頌---岡本太郎が日本各地の神秘をめぐって、自分で感じたことを記したルポみたい オシラの魂(東北文化論)、修験の夜(出羽三山)、花田植(農事のエロティスム)、火・水・海賊(熊野文化論)、秘密荘厳、曼荼羅頌---岡本太郎が日本各地の神秘をめぐって、自分で感じたことを記したルポみたいな感じでしょうか。 岡本太郎氏がこんなに整然とした文章を書いていることに驚きました。また、自分の考えがビシッとぶれることなく客観的に物事を見ているのが氏らしいです。 ちょっと哲学的な感じで、僕には読みにくかったですが、岡本太郎氏の作品以外の一面を見ることができました。 …続きを読む
    ぜんこう
    2015年10月10日
    15人がナイス!しています
  • 芸術家が書いた文章だからだろうか、卓越した描写で、しかも文章に色彩を感じる。特に東北の部分はフェミニストらしい女性に対する優しさを感じる。これは奥付を見ると、1964年作と描かれてある。今から五十年も 芸術家が書いた文章だからだろうか、卓越した描写で、しかも文章に色彩を感じる。特に東北の部分はフェミニストらしい女性に対する優しさを感じる。これは奥付を見ると、1964年作と描かれてある。今から五十年も昔の日本の姿。現代にはとうに失われてしまった風俗も丹念に書かれていて、これはこれでひとつの歴史史料となりえるのではないか。今から五十年も昔の十津川は人の足がめったに踏み入れることなに秘境中の秘境であって、たどり着くまでにガソリンを積んで、野宿の用意をして出かけた書かれているあたりが非常に興味深い。 …続きを読む
    noémi
    2018年06月10日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品