試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044094881

日本再発見 芸術風土記

  • 著者 岡本 太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044094881

武骨で泥くさい、日本人の生命力!――日本中を歩き、考え、撮った名作紀行

人間の生活があるところ、どこでも第一級の芸術があり得る――。秋田、岩手、京都、大阪、出雲、四国、長崎を歩き、その風土に失われた原始日本の面影を見いだしていく太郎の旅。著者撮影の写真を完全収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本再発見 芸術風土記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 太郎が秋田、長崎、京都、出雲、岩手、大阪、四国をあくまでも芸術家として旅して、その土地の人々や風土を見届け、そこから感じたこと、考えたことを記録したもの。だから「芸術風土記」。根底には「逞しく人間が息 太郎が秋田、長崎、京都、出雲、岩手、大阪、四国をあくまでも芸術家として旅して、その土地の人々や風土を見届け、そこから感じたこと、考えたことを記録したもの。だから「芸術風土記」。根底には「逞しく人間が息をし、生活する場所には、どこでも第一級の芸術があり得る。」との思いがある。迸る思いで各地を訪ね、率直な思いを文章にまとめてあり、興味深い。取材したのは1957・昭和32年頃のはずだから、まだ日本が貧しかった時。その頃の日本各地の姿を知ることもでき、紀行文としても優れている。太郎撮影の写真の完全収録も嬉しい。 …続きを読む
    s-kozy
    2018年03月26日
    56人がナイス!しています
  • 1957年の連載。秋田、長崎、京都など7篇の探訪記で写真は著者撮影。貧しく古い日本を、同情も慰めも抜きに解剖する岡本太郎の気合。長崎ならば、輸入文化による開けた感性はあるが新しい展開がないと断じる。京 1957年の連載。秋田、長崎、京都など7篇の探訪記で写真は著者撮影。貧しく古い日本を、同情も慰めも抜きに解剖する岡本太郎の気合。長崎ならば、輸入文化による開けた感性はあるが新しい展開がないと断じる。京都ならば、品や格はあるがモダンを解さず表面だけ真似て、新取の精神を忘れていると厳しい。茶道本来の闘争性、前衛性も京都から回復せよと迫る。アクが薄らいだ大阪に対しては現実的な提案をする。常に体裁を繕わず泥くさい。「ひねこびた」「チマチマした」日本人を否定し、「のびのびと開け」と今もあの世から挑発し続けている。 …続きを読む
    ホークス
    2019年07月28日
    36人がナイス!しています
  • 岡本太郎が東北、長崎、京都、四国を遍歴しながら、現地で感じたことを芸術に結びつけて語る本。初出は1957年(連載時)なので、土地の趣も現在とは異なり、それを読む(写真もある)だけでも面白い。岡本太郎独 岡本太郎が東北、長崎、京都、四国を遍歴しながら、現地で感じたことを芸術に結びつけて語る本。初出は1957年(連載時)なので、土地の趣も現在とは異なり、それを読む(写真もある)だけでも面白い。岡本太郎独特の語り口調がぐいぐいと引き込む。思想的には平凡なところも多いが、目の付け所や見て回ってやろうというバイタリティはユニークだし、読み通してわくわくさせる本である。 …続きを読む
    吟遊
    2016年07月04日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品