小説 野性時代 第144号

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月13日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
504
雑誌コード:
6233247
ISBN:
9784041030554

小説 野性時代 第144号

  • 編 角川書店編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月13日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
504
雑誌コード:
6233247
ISBN:
9784041030554

  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「小説 野性時代 第144号」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 池上永一の新連載、時代が苦手。でも、気になる。『スタープレイヤー』の続編、面白かったけど後味悪い。今回の『怖い絵』はイマイチ怖さがわからなかった。 池上永一の新連載、時代が苦手。でも、気になる。『スタープレイヤー』の続編、面白かったけど後味悪い。今回の『怖い絵』はイマイチ怖さがわからなかった。
    てんつく
    2015年11月09日
    9人がナイス!しています
  • 「いちでもなく、さんでもなくて」がなんか切なくてホロっとなる。「ドッグファイト」はいよいよ面白くなってきた。両作品とも自分なりの絵が浮かぶ。 「いちでもなく、さんでもなくて」がなんか切なくてホロっとなる。「ドッグファイト」はいよいよ面白くなってきた。両作品とも自分なりの絵が浮かぶ。
    たくみ
    2015年11月08日
    2人がナイス!しています
  • 下村敦史「光射す場所へ」はシリーズものの最終回。一つ一つの事件に関連があったが、なんとなく紐付けされただけという印象が残ったのが残念。ただこの作品は「冤罪が作られることの理不尽さ」を書いたものと思えば 下村敦史「光射す場所へ」はシリーズものの最終回。一つ一つの事件に関連があったが、なんとなく紐付けされただけという印象が残ったのが残念。ただこの作品は「冤罪が作られることの理不尽さ」を書いたものと思えば、その点においては成功していると思う。樹林伸「ドクター・ホワイト」第2部に入り、白夜の秘密にスポットが当たり始めた分、病気の診断についてのストーリーがサブになってしまった気がする。癌の治療についても、どこまでがフィクションなのか、ちょっと危ういことが書かれているような印象を受ける。小説としては面白い。 …続きを読む
    まー
    2017年09月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品